オレはラジオを切らないよ

さて、ド庶民の暮らしは株価とは正反対に低迷し
若者の何々離れに代表されるミニマルで断捨離な消費社会がより進む中
捨てる神あれば拾う神ありとばかり
敢えてそんな時代に逆行する選択をしてロートルな戦いを仕掛けるハードコアなニート
th_NCM_0219-289548458.jpg
カセットデッキに続きいよいよ亡き親父の形見的な古いこちらの
TRIO(現ケンウッド)製チューナーも十数年ぶりに押し入れから引っ張り出して投入
今時まさかのバリコン式でワンタッチでプリセット選局すらできない時代遅れなコイツですが


同じく時代遅れな戦いを続けるパンクヒーローが
「オレはラジオを切らないよ」と高らかに爆音で歌う

この歌がまさに
ネットだなんだとアナログなメディアや文化がより軽んじられる時代に抗う
個人的心境を素晴らしくタイムリーに代弁しております。

ワハハ

さて、そんな復活させた時代遅れな相棒に合わせて
th_NCM_017877899.jpgth_NCM_0184899909.jpg
こちらも今どきは時代遅れなFM専用アンテナを
時代に合ったアマゾンでポチッてベランダへ設置完了

th_NCM_0227-18788.jpg
うーん、7km先のNHK送信所が目視できる集合住宅の最上階なんで
ちょいとケチって2素子にしたらNHK-FMはステレオ受信可能ですがレベルはこんな感じ
若干ホワイトノイズが残ります。
うーんこの辺は同軸ケーブルを長くしたので伝送ロスもあるかもで何とも微妙なところ

しかししかしその音質は素晴らしいものがあり
スクリーンショット 2015-07-19 120722
お安い入門機でもさすが70年代後期のバリコン式チューナー
音の透明感に加えて奥行きや厚みも今風なチューナーとは段違いで
なんとも当たりが柔らかい聴きやすいサウンドながら適度な明るさもあり素晴らしいの一言
いや外観はレトロですが出て来る音は今風な硬いサウンドの現行機種よりも本当に高音質ですよ。

その面倒臭いですが味のあるチューニングの感じや音質は
自分のよりチョイ下位機種の輸出バージョンですがこんな感じ
(まだまだアンテナ感度上げねば)
サウンドは使用機材の差もあるのでアレですが
自分のがチョイ上級な分しっとり感もあり若干上質な感じ

いや〜これが3万チョイで買えてたなんて幸福な時代ですね。
66444E3B1A81473B94969EB164336BEF_12073_14.jpg
今も2万チョイでヤマハ製の専用チューナーはかろうじて買えますが
普通に値段も手持ちのが上で復活させる価値は十二分ありました。
実はこっちも親父が動画のよりも更に上位機種なTRIO製バリコン式チューナー持ってて
大事に保管してありますがそっちはどうも要修理な感じ

この入門機は親父も自分も使わない中途半端な存在だった分
皮肉にもコンディション維持できて、カセットデッキ同様に延命できましたね。

th_NCM_0253898980.jpg
今どきプリセット選局もできずいちいちダイヤルをグリグリするバリコン式チューナー
でもコイツで聴くターゲットはズバリNHK-FMのみ

何故か?我らド庶民もテレビじゃ高い受信料を払う公共放送
その放送設備は、その辺の民放はもちろん
コミュニティFMなんか比じゃなくその圧倒的なライブラリーや音質など
妥協は一切なし
そんなターゲットをサーチするのに不便ですが
ロックオンするのに高音質なバリコン式チューナーは最適で
むしろデメリットは完全に帳消しで長所のみを伸ばせる最高のターゲット

th_NCM_025478798789.jpg
配線をネットワークプレーヤーのチューナーにも同時分配してあるので
(ここでも減衰してるかも)
無粋な用途はワンタッチでプリセットを呼び出せるこっちで十分に使い分け
ていうかこっちは便利ですが音質は固くて薄い感じでチト残念
特に地元のコミュニティFMなんかは
民放でよくあるヘンなコンプレッサーで音圧稼いでて耳に刺さる、刺さる
カーラジオやミニコンポ向けのTHE情報って感じで
とても音楽を楽しむ感じではなくこの辺はNHKの独壇場
そんなわけで時代遅れなバリコン式チューナーの実用上問題になる
利便性のデメリットはネットワークプレーヤー内蔵のチューナーで完全にナシ

th_NCM_02447989808.jpg
アンプなども現代的な利便性を持ちながらアナログの味もある機器と併用すれば
互いのデメリットを消しメリットのみを伸ばせてヨシ

何かと断捨離やらミニマリズムやらが叫ばれるご時世
むしろ時代遅れなコイツにこそ価値が見出せそうで
いやいや利便性にかまけて勿体無いことしてましたな。ホント

何より今の機器ではまず味わえない圧倒的に上質なそのサウンドは勿論のこと
th_NCM_02705844049.jpg
夜にはコレですよ。いやいや学生時代に仕方なく聴いてた
あの頃の夜が独特な味わいのある淡いパネル照明と共に時空を切り裂きながら蘇ります。
当時は価値が理解できずダサいステレオのラジオ呼ばわりしてましたからね(笑)

rxdt80_top.jpg
で、高校になるとこっちの高機能なバブルラジカセへ移行し
エアチェックもラジカセの分際で録音レベル調整ができるコレでやってました。
(こっちのが機能最優先つー感じでダサい)
でもこの辺のとにかくアホみたいに高機能だったバブルラジカセにも思い出があります。

th_NCM_027884984984.jpg
調整できる間接照明を減光して聴くとその音質とも合わさって
ソファに横たわりなんとも贅沢で幸福
こりゃアンテナをケチらず更に4素子へアップデートする価値十二分

入門機らしいシンプルな操作系ですが、その独特な操作感は手抜きなく上質
チューニングダイヤルや電源スイッチの感触も今では絶対に味わえない味があり
まさに電源ONはボッと火を入れるという表現がピッタリ

そんなわけで、ハードコアなニートは何かとデジタルな時代へ反逆の狼煙を上げ
自分かラジオが死ぬまでアナログなラジオを切ることはなさそうです。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック