デフレ脱却へ限りなく赤に近い黄色信号

さて今日も株式相場は朝から一喜一憂で荒れ模様
そんな実体経済へ何ら意味のない指標より
今回の中国&ギリシャショックで非常に深刻なのが
アベノミクスの最前提でマストな目標であるデフレ脱却

スクリーンショット 2015-07-09 102510
超低空飛行な消費者物価指数の比べ
一応は物価目標達成へ向け順調に進行していた足元の円安も足踏みどころか黄色信号

そのせっかくの円安も急激な変動に焦って
デフレ脱却へ向けてなんでもやるとか言ってた日銀総裁自ら口先介入
それ以降まさに今回の危機まで見事な降下を続けているわけで
(もっとも為替は長期的に日本の実体経済を反映し相変わらずのバーゲンセールは確実ですが)

あの余計な口先介入さえなければ今の危機もマシだったのですが
もう完全に後の祭り
デフレ脱却へ向けて為替もヤバイですが
スクリーンショット 2015-07-09 93303
もっとヤバイのが原油価格

60ドル割れの原油、弱気材料が目白押し

日銀が一方的な希望的観測で反転を期待してましたが
反転どころか中国ショックによる需要減少観測はもちろん
米国のシェールオイル採算ラインの低下など予想外の要素で足元の価格はまさかの再下落中

これで反転しないようだと
黄色信号だったデフレ脱却へ向けて悪材料が更に追加

当然、中国ショックにより米国経済もタダでは済まないので
これまた勝手に希望的観測で9月を目論む米国の利上げも遠のく可能性や大

そうなると秋からは前年比における原油安効果が剥落し
消費者物価が上昇に転じると踏んでる
日銀のデフレ脱却へ向けた目論見は限りなく赤に近い黄色信号

もしもアベノミクスの最前提であるデフレ脱却が完全に崩壊すると何が起こるか?

そう、株価が下がるなんて別にどーでもいいことで
一番ヤバイのが債券市場

アベノミクスはデフレ脱却、つまりインフレという
実質的な増税により膨らんだ債務を実質的に圧縮しつつ

日銀が国債を買い占めて債権下落、つまり金利上昇リスクも防止しながら
再起を図る
という目論みがデフレ脱却が画餅に帰すことで完全に崩壊

つまり目論んでた債務圧縮が完全に崩壊するとなれば
スクリーンショット 2015-07-09 102908
なんとか押さえ込んでいた金利に圧力がかからないわけがなく
デフレ脱却の崩壊に伴い間違いなく債券市場へもリスクが飛び火するでしょう。
アベノミクスの生命線は一喜一憂してる株価なんかじゃなく
為替と物価上昇率と金利

そのアベノミクスの最前提であるデフレ脱却へ
いよいよ限りなく赤に近い黄色信号が灯り始めました。

最新の消費者物価指数は僅か0.1%

まあ、日銀的には嫌でも原油安効果が剥落する秋以降の
物価上昇率を楽観視していて
個人的にもまだ赤ではなく赤に近い黄色信号の段階ですが
このままいけば最悪の場合
消費者物価指数がマイナスへ反転する可能性も無きにしもあらず

つまり、デフレへ完全回帰が見えてきました。
これはアベノミクスの完全敗北を意味する非常にヤバイことなんですが
今日も朝から目先の株価に一喜一憂し全く報道されてませんね。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック