遠のく出口

さて、日銀の物価目標2%達成へ向け足元の物価上昇率が超低空飛行中なのは
ダンマリなマスコミは置いといて、連日お伝えしてる通り

原油価格は横ばいし追加緩和も期待できないとなれば
日銀の物価目標達成へ向けて唯一の頼みの綱は米国の利上げのみなんですが
2015-07-03T054017Z_1_LYNXNPEB6205U_RTROPTP_2_USA-FED-YELLEN.jpg
米雇用統計後、利上げ2016年説も浮上

足元の米国経済がイマイチ
その利上げすら遠のく説が浮上してきてまして

そうなると増々日銀の物価目標達成は遠のくことになり
原油価格も思った通りに反転せずバズーカも撃てず利上げも遠のくとなれば
来年の初頭をターゲットにしてる物価目標2%達成は極めて厳しいでしょう。

それどころか、仮に米国が年内利上げしても

米国利上げでも円安・株高はこれ以上期待できない

想定通り、円安株高に振れる保障はなく
BN-EX187_Kuroda_G_20141007222450.jpg
政治的理由で日銀がコレ以上のバズーカを撃てないのであれば
もはや物価目標達成という出口への後押しは完全に米国の利上げによるドル高期待のみ

しかし、単発なら効果が薄いそれすらも当初からすれば大幅に後ズレ
そうなると日銀は出口なき泥沼に入り込む可能性が高く

そう、出口なき泥沼といえば
アベノミクスの出口戦略、高橋是清にみる危うさ
BN-IK982_0515Ta_G_20150514231348.jpg
やはり歴史に学ぶのが一番

事実上のマネタイゼーションから抜け出せなくなる
そんな出口なき泥沼の先駆者も
経済的な理由でなく日本の軍部という政治的な理由で出口なき泥沼へ突入

結果、内債だから安心とか言っていたのが
GHQによる尻ぬぐいが必要になるまで状況が悪化したのです。

まあ、マスコミはそんなリスクなんて何処吹く風で
img_0 (1)
今も昔もあいも変わらず楽観視

個人的なリスクシナリオは完全に出来上がっていて
まさにその通りに事態は進行中

誰にも教えず閻魔帳を日々付けながら
こっそり個人的に楽しんでるのですが
そうそう、コッソリといえば
日銀、国民への裏切り行為か
緩和継続強調の裏で出口の準備、
破綻した2%物価目標


日銀こそが自己資本比率をグ~ンと増強しコッソリとリスクに備えてるんですよ(笑)
つまり出口なんて時期尚早といいながら、
2%の物価目標達成なんて完全に諦めてるわけで
裏ではちゃっかりそのリスクシナリオへ備えてるわけで
今回も知らぬは国民ばかりなり

今や効果が薄い施策で現状を誤魔化すか
どんな言い訳するか思案中かもしれないですね

そんなわけで、ド庶民的には
バズーカ撃っても地獄、撃たなくても地獄
色々とお楽しみ多き年後半になりそうであります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック