いよいよEU崩壊が現実味

さて、敢えて伏せてましたが
ギリシャでなくEUという共同体の未来を決める注目のギリシャ国民投票

結果は
ギリシャ国民投票 チプラス首相が勝利宣言


BN-JD023_GRREF0_G_20150626182751.jpg
チプラス首相率いる緊縮反対派がまさかの大勝利宣言
これでいよいよEU崩壊が現実味を帯びてきました。

何度も言いますが未知数な以上、敢えて伏せていたのですが
強気に出ていたEU同様にギリシャ側も緊縮策で追い詰められ
度重なるEU支配にウンザリしていたのでして

それもこれもEUという枠組み自体が招いた構造的で不可避な結果

ドイツやIMFが常識論を言うのも理解できますが
EU支配下に居てギリシャは経済低迷し
EU支配下に居る限り自律的な回復ができないのも事実


緊縮受け入れても新政権は完全にEUの傀儡になり
デフォルトしなくても厳しい生活は確実

厳しいのが変わらないのならデフォルトしてEU圏を離脱
自国通貨を新規発行し
EUでは恩恵すら受けられない自国通貨安をテコに自律回復を目指す。

というほうが従属的で伸びしろゼロな地獄よりも
同じ地獄ながら自分の好きなように自律的な伸びしろのある未来なわけで

強気なEU側が最も恐れていたのが正しくソレ
先日書いた通り緊縮受け入れ後も疲弊し泣きまくるギリシャ国民はEU傀儡政権に耐えられず
いずれ同じ結果になったでしょう。
20150704-00000055-jijp-000-2-view.jpg

むしろ緊縮受け入れという無駄なワンクッションを追かず
チプラス政権はそのままで緊縮反対へ舵をとり
今度はEUへ三行半を突きつけたギリシャ国民は長期的には賢明かもしれないですね。


これで緊縮受け入れは完全に消えた以上

普通にギリシャがデフォルトしEU離脱してもEUは崩壊

EUが折れて、まさかの支援表明でも
共同体の公平なガバナンスという点で他の国に示しが付かずEUは崩壊

どっちに転んでもEUという枠組み崩壊は不可避な状況になり
今回の投票結果は大きな歴史的な転換点になりそうな予感がプンプン。

何度も言いますが、それもこれも
EUという歪んだ枠組み自体が招いた問題であり
まずは
あれだけ強気だったEU首脳がどういう反応を示すか見ものですね。

今度も答えはシンプル

助けるか?見捨てるか?

その2択です。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック