Apple Music スタート

昨夜なんかMacのソフトウェアアップデートの通知がきてたので
何ぞ?と思うと
スクリーンショット 2015-07-01 231043
久しぶりにiTunesとGarageBandの更新通知

とりあえずGarageBandは後回し
スクリーンショット 2015-07-01 233639
アイコンも以前の赤から一新された新生iTunesを立ち上げると
中身もApple Musicが追加されてましたが、眠かったので就寝

スクリーンショット 2015-07-02 113134


スクリーンショット 2015-07-02 123132
そんなわけで、早速登録してその中身をば検証
ご覧のとおり月額は980円
最初の3ヶ月は無料でトライアルできるんで色々とじっくり試せそうです。

で、その曲数
これは流石にiTunes Storeを有するAppleらしい圧倒的な曲数(ガラパゴスな邦楽は除く)
スクリーンショット 2015-07-02 121240

スクリーンショット 2015-07-02 12402
その膨大なライブラリの中から検索窓を使いiTunes Store感覚で検索可能

この辺は単なる垂れ流しで一方通行なネットラジオとは違う
手元にコンテンツは無いのですが、あたかも所有してるかのような主体的なリスニングが可能


スクリーンショット 2015-07-02 115646
お気に入りのジャンルやアーティストを登録して

スクリーンショット 2015-07-02 113630
Appleが薦めるプレイリストで半ば受動的に聴くこともでき
ジャンルを開拓したい初心者には向きそうですが

スクリーンショット 2015-07-02 120841
ジャンルによってはあまりに選択肢が少ない中でのチョイスになるので
個人的は使えないですね。

中途半端なプレイリストよりは完全に受動的なラジオのほうが良いかもです。

で、圧倒的な曲数(ガラパゴスな邦楽は除く)は素晴らしく
スクリーンショット 2015-07-02 113907
例によってApple機器独自のアドバンテージ
Bluetoothなんかより遥かに音質の良いAirPlayで再生できるので
th_NCM_00767438349849098.jpg
その膨大な曲数をネットーワークプレーヤーなど
AirPlay専用機器でリスニングすれば省スペースで物理的にミニマルな音楽生活が可能

まさに夢のようなサービスなのですが
スクリーンショット 2015-07-02 101
やっぱりネックになるのがこの圧縮音源の音質
ビットレート256kbpsは膨大なライブラリを出先などスマホ回線経由で楽しむ場合
限られたパケット節約という点では仕方のないことかもしれませんが
まあ、iTunesの音源同様
自宅などでじっくりと音楽を楽しむという観点では大いに不満が残り

スクリーンショット 2015-07-02 123546
こういうクラッシクなどのジャンルではその圧縮音源の音質がネックになってて
敢えて手持ちのCDと同じ音源を比べましたが
ただでさえiTunesは音がアレなのに鮮度や解像度の無さが手持ちの安い音響機器でも大いに不満

ラウドなロック系でもCDより案外と粗が出る場合も多いです。

th_NCM_00877898797897.jpgth_NCM_0090808908908098.jpg
今はネットラジオ局でも高音質な局があるのでそれに比べても
Apple Musicの音質はイマイチ(もちろんAirPlayでない場合も同様)

まあ、ですがEDMやアニメソング系など
圧縮音源と相性のよい機械的な電子音楽などには十分な音質はありますし
Appleのサービス的にポップスやロックなど音質がさほど影響しないジャンルがメインで
最初からクラッシクやジャズなどの音質が重要なジャンルは捨ててる感もあります。

とはいえ
その圧倒的な曲数でスマホやタブレットなどで音楽へ触れる機会は間違いなく増加するでしょうし
iPodの時と同じく大抵の層は音質よりも利便性や機会増大を歓迎するはずです。

そういう意味で、CDやアナログレコードなどは逆に付加価値が増々高まると踏んでいて
いくら便利でも圧縮音源をわざわざ真空感アンプで鳴らそうとは思いませんからね(笑)
だって今や44.1khz/16bitのCD音質ですら圧倒的な高音質なんですから
スクリーンショット 2015-07-02 125401
PCでもオンボードの再生装置でなく最低限CDの音質は確保できる機器経由で再生して欲しいのですが
スマホやノートPCで済ます層には
こういう良くも悪くも音楽のジャンク化が受け入れられる時代なんでしょう。

しかし個人的には全くネガティブには捉えていませんし
月額980円で膨大な音源数の試聴機が使い放題と考えれば悪い話でなく
携帯代を見直し浮いた月額でこういうサービスを使うのはアリかもしれません。

ただ、実際に今のユーザーが
月額980円を新たに手元へ残らない音源へ出せるか?という問題は全然別ですね(笑)

個人的には音質面でメインには使えませんが
コレはコレで確保しながら
敢えて昔ながらのアナクロニズムな音楽鑑賞スタイルを愉しめば
増々付加価値は高まるので、まあ使い分けはアリかもですね。

何よりAirPlayが便利
スクリーンショット 2015-07-02 125930
ながらでのBGM曲数が主体的に増えますしApple機器なら通知など
スクリーンショット 2015-07-02 130139
iTunesを駆使した使い勝手は相変わらず素晴らしいですからね。


そういう意味で、これはiTunesやiOSを今後も音楽生活の中心に据えさせるための
ライトな戦略的なサービスなんでしょう。

そういうライトな意味では間違いなく成功でしょう。

ですがライトなBGMと書いた通り
あくまでもコレは主体的なネットラジオ局

従来の手持ち音源と併用するとプレイリストの使い勝手の悪さなど
まあライトな試聴機やBGM用途以外はかなり微妙

ヘビーな音楽ユーザーに向けてのニーズは全然満たしてません。

そういう意味で
音質や使い勝手は改善の余地は大いにアリで
プレイリストの使い勝手やハイレゾとまでは言いませんが
最低限CD同等のロスレス音源での配信は欲しいところです。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック