むしろ緊縮受け入れてからがお楽しみ

今頃になってギリシャが大慌てでアレしてますが

th_NCM789809809890_0064.jpg
今まで散々譲歩してきたEU圏
メルケル首相を筆頭にもはや譲歩せず完全に見放された格好。


img_bc44342a9a4241e6fadd29b7e451c41a308962.jpg
その原因が時間稼ぎを目論んだ国民投票
その国民投票を前に世論は二分してるようですが
ユーロ圏離脱した場合はもちろん

今頃になって目先の餌欲しさに緊縮策を受け入れても安心ではなく
地獄には変わらないでしょうね(笑)

何故か?

あれだけEUが年金支給年齢引き上げなど緩い緊縮策を提示したのに
izXUUZJvjjsY.jpg
反緊縮派の首相や財務相が散々突っぱねたきた末
今や事実上のデフォルト


緊縮策受け入れを決定した瞬間、完全に主導権はEU側に移り
iYCHxkPnYEpU.jpg
ギリシャ側は完全に言いなり
IMFのラガルド氏なども含めて厳しい管理下に置かれ
以前の緊縮策に比べて更に厳しい緊縮策を情け容赦なく提示され
ギリシャは嫌でも受け入れるしかないのは必至


年金の支給年齢引き上げなんていう超緩い緊縮ですらブーブー言ってる国民が
更に厳しい普通の緊縮に耐えられるか?????

容易に察しがつくわけで、まあ現政権が誕生したように
しばらくすると散々優雅を極めてた既得権益層や
困窮する層や失業率が半数近い若年層など
お気楽極楽だった緊縮以前に比べて地獄を味わう多くの国民の不満を受けて
再び反緊縮派が台頭してきても何ら不自然ではなく、むしろ自然

今度は緊縮地獄からの強固な世論なんで一気にEU圏離脱も視野に入ってくるわけで
同じ地獄ならEUの言いなりでなくドラクマのがマシじゃ〜〜となる可能性や高し
そんなわけで、目先の支援のために緊縮を受け入れても決して安心でなく
むしろ緊縮を受け入れてからが本番でしょうね。

お楽しみの(笑)

勿論、受け入れなくても地獄ですが
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック