目標まであと1.9%

さてギリシャが先週末から色々とヤバイですが

実はコッソリとこの国の物価もヤバイわけで

小麦粉、パスタ、パン…7月も値上げ 
25年ぶりも

スーパーの食品も半端ないし明日から更に色々と値上がりするし
高いんだろ?

と言うかもしれませんが、その逆

全国消費者物価、5月は0.1%上昇
4月から実質上振れ


日銀が目標にする物価上昇率は

たったの0.1%

4月から実質上がってるとか、無理矢理で苦しい弁明がなんとも悲しいですが
img_267116ad7f6b6c5ae095407c2ef500d578012.jpg
2年前の春にドッカーンとぶち上げた黒田バズーカの
目標値は2年で2%

何度も言いますが日銀が採用してる前年同月比コアCPIの
最新の値は0.1%(笑)
(先月の0.3%から上がるとどころか下がってて笑う)

ターゲットとの差、
実に1.9%

デフレ脱却へ向けてこの道しかない

空前絶後の金融緩和で邁進してるのに
未だに0.1%

ようするに、2年経っても物価上昇率はほぼゼロ

日銀が2年で2%なんて流石に無理と悟り
しれっと目標達成時期を後ズレさせた今年1月の見通しですが
fc2blog_20150630152447658.jpg
その大幅下方修正した2015年の物価上昇率の目標
0.8%にすら遥かに届かない低さ

いや〜〜〜〜何がデフレ脱却だっちゅう話ですが
日銀は今年度後半に原油が反発して目標達成なんて見通しを描いてるようですが

これだけ物価が超低空飛行してるのにそれより低いのが

5月実質賃金は前年比-0.1%、
25カ月連続マイナス=毎月勤労統計


実質的なお給料(笑)

これだけ物価指数は低いのにそれより更に低いのが給料

とも

これだけ給料が上がってるのにそれより更に高いのが物価

とも言えるわけで

0.1%の物価上昇率で-0.1なら日銀が目標とする2%なんてもしも達成されたら
まあどれだけ給料上げないと追いつかないんだ?てな話で

絶対にデフレ脱却なんてできそうにもない状況なんですが
まあ、官製相場で演出する株価や完全雇用で改善する雇用指標で
世間を煙に巻く大本営は相変わらずの大勝利宣言

ようは、CPIに反映されないド庶民の生活物資は
圧倒的に値上がり、庶民の財布はギリシャのATMのようにスッテンテン
物が売れない

だけの話で

物が売れないのに給料が上がるはずないですし
(ちなみに稼ぎ頭産業である自動車ですらこんな感じ

どんなに株価が上がり完全雇用で失業率が改善し求人が増えようが
給料が上がらないのも当然のこと

というか大企業が企業や労働組合主導でなく
官邸主導で無理矢理給料上げても生活物資は高騰してておっつかず
それ以外の物は売れませんし
生活物資は高騰しても物価上昇率は低空飛行

目標へ向けて更なる追加緩和で通貨安や原材料費高が必要になり
ますます庶民の生活物資は高騰し
庶民の生活苦はますます悪化するという最悪の状況

いや〜〜〜〜株価や雇用改善で誤魔化せない
このFRBすら最重要視する物価上昇率の目標へ向けて
どんな舵取りするんですかねえ(笑)

少なくとも来年までにあと1.9%ですよ。

目標を本気で目指すなら
もはや悪い円安とか呑気に構えてる場合じゃなく
バズーカ撃ちまくらないと達成できない状況なんですがねえ
しかし撃つのもアレ
庶民も日銀も苦しいとこですなあ。

本当に見ものな年後半になりそうです。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック