親分より多様性のない子分

このご時世に言論統制を叫ぶ議員が無情にも処分され
批判された瞬間に仲間だった議員ですら
自己保身のために葬り去る露骨なトカゲの尻尾切りが横行
まあ先進国とは思えない前時代的な封建社会が全開のこの国ですが
海の向こうの親分アメリカ合衆国では
米連邦最高裁 全州で同性婚認める判断
same-sex-marriage-ruling.jpg

世界で21番目に同性婚を全州で認める画期的な判断が出されました。

th_NCM_0041.jpgth_NCM_0042.jpg
多民族国家性の米国社会では遅いぐらいの判断ですが
多様性を受容する社会こそ自由な社会への礎

実に素晴らしい判断で
th_NCM_0046.jpg
オバマ大統領の言う通り
より完璧な社会に近づく大きな一歩でした。

th_NCM_0045.jpg
原理主義的な社会と戦ってきた人々には長い道のりでしたが、
大統領の祝電と
th_NCM_0040.jpg
七色に染まったホワイトハウスで報われたのが印象的でした。

先天性だろうが後天性だろうが異なる性愛を持つ人々と共生できるのは
人間が理性的な動物である証拠

ですが、この国は多様性を理性で認める人間でなく
本能に支配された動物的な人間が未だに支配してるようで

渋谷区の「同性婚」条例案、自民内から異論相次ぐ
スクリーンショット 2015-06-27 135519052cbc69fc207d9e8204c9f1e32f09ff_302.jpeg

まあ、毎度毎度の安倍自民党らしい封建社会が全開

たった1つの区ですらこの顛末ですから
親分と違って子分のほうの動物的で後進的な社会はまだまだ終わりそうにないですね。
こういう理性的でない動物的なメンタリティが
性だけでなく人種などあらゆる差別を生むのです。

そういう意味では安倍政権は米国より
原理主義的なイスラム国と馬が合いそうなんですがね(笑)

もちろん皮肉ですが、妥当な皮肉なのが悲しいところであります。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック