ネットワークプレーヤーとAirPlay超便利♪

先日は内省的ハードコアなニートライフに超絶便利な
PCラジオ録音ソフトについて色々と書きましたが
個人的にはそれを更に楽しむべく導入してるアイテムについて書き忘れたので
チト便利で高音質な活用法の紹介をば
K0000279466.jpg
それがネットーワークプレーヤー
本当はミニマルなのが欲しいのですがそういう小さい機器には
殆どデジタルなアンプしかないので
愛用してるONKYOのお安いアナログアンプを活かすべく
デノン製の型落ちをこの春から導入中
dnp720se6.jpg

FLACなどのハイレゾ音源などを鑑賞できる通常の便利さは割愛するとして
個人的に最大の用途はMacやiPodなどアップル機器による
th_NCM_0295.jpg
AirPlayとインターネットラジオ

th_NCM_0282.jpg
IMG_0012.png
こんな感じで先日書いた通りPCで録音したネットラジオ番組を自動でiTunesに登録
その番組をばPC上のiTunesはもちろんワイヤレスでiPodへ同期し
AirPlayでネットーワークプレーヤーへ飛ばせばご覧の通り
PCやスマホのへっぽこな音でなく専用のオーディオ機器からナイスなサウンドで再生可能♪

先日色々と書いたネットラジオ録音ソフトはWindows専用でしたが自分のように
MacとWindows使い分けてる人にはiTunesの使い分けを是非オススメしたいですね。

要するにWindowsのiTunesはネットラジオ録音番組専用にしておけば
IMG_0013.png
ジャンジャン自動で録り溜めた番組の検索がスムーズですしiOS機器も余っているiPodなどを
録音番組専用に同期して使うとAirPlayによる再生が捗って超便利♪

WindowsはいいけどMacでは録音した番組再生するのめんどいべ???
と思うかもしれませんがiTunesにはホームシェアリングという機能があるので
同一ネットーワーク上のiTunesならWindowsだろうがMacだろうが
ライブラリの共有ができ同期の使い分けも思いのままで便利

つまり、CDのリッピングやALACハイレゾ音源など普通用途のiTunesと
ネットラジオ自動録音専用のiTunesの完全な使い分け可能
同期もそれぞれ別にしておけば不便なファイルの干渉もなく便利

当然ながらネットラジオは圧縮音源で音質はアレですが
このデノンの機器は圧縮音源も最低限良い感じに鳴らしてくれるのでゴキゲン♪
更に聴き疲れしないよう工夫すればかなり良い感じになりそう。
最新型はさらにDACやアナログ音源周りが強化されてるようなのでオススメ

番組再生も番組名などを日本語で見やすくスクロール表示してくれて
(他社製の普及タイプはこの辺がアレ)
スマホやPCだけで完結するのと比べ利便性と音質のバランスもナカナカ

このネットーワークプレーヤーによるAirPlayは録音番組だけでなく
ライブ聴取にも威力を発揮し内臓のネットラジオは圧倒的な局数を誇り便利
radikoやらじる★らじるなどに非対応で聴けない弱点がありますが、AirPlayを使えば
iPodなどでradikoやらじる★らじるなどの公式アプリを再生中にAirPlayボタンをワンタップ
IMG_0009.pngスクリーンショット 2015-06-17 165426
そうすると普通にネットーワークプレーヤーでも再生され情報もきちんと表示

録音番組や普通の音源だけでなくネットラジオ放送も最大限に高音質で超便利
特に普通のAMラジオに比べて高音質になるAM放送もお得?
(AMはいよいよFM波再送信も始まるので音質的にはそっちが最強でしょう)

普通にPCやスマホで聴くと圧縮音源のネットラジオはへっぽこな音ですが
スクリーンショット 2015-06-17 155603
オーディオ専用のアンプで鳴らすネットーワークプレーヤーではその辺が最大限に軽減され
アナログのFMラジオやCD並みとはいきませんがなんとか音楽的に聴ける音質になりますし
専用アンプなどで色々と調整もできるのでネットラジオの利便性を活かしながら音楽的に楽しめる
AirPlayとネットーワークオーディオ機器は便利。

th_NCM_0290.jpg
そんなネットラジオもPCを立ち上げることなく再生可能でして
世界中の様々なジャンルの局から選択可能
ハイレゾ音源なんかよりはこっちの用途がメイン

個人的な趣向としてデータなハイレゾ音源より
音楽鑑賞における個人的な所有はCDやアナログレコードを今後もメインにしていく予定で
音質的にもCDの44.1khz/16bitもあれば十分

なのでNASもありますが個人的には手持ちのCD等を
ALACでリッピングするだけで膨大になるので
NASも必要最低限でハイレゾ音源は基本的には不必要

このネットーワークプレーヤーは
FLACなら192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生に対応してますが
そんな理由でなーんかハイレゾ音源はまだまだ活用する気もなく
main.jpg

何よりも愛用中のアナログアンプのDACが96khz/24bitまでしか対応してませんし
(デジタル入力があるだけ便利か?)
iTunesではハイレゾ音源はALACのみなのでコイツは非対応
普通にAACやMP3の高ビッドレート音源でリッピングしたほうが使い勝手ヨシ

というか、リッピング以前に未だにCD再生やアナログレコードがメイン
回転部材がヘタるその辺のプレーヤーを新調しようか?
と考えてくらいでハイレゾ音源は興味がないですね
一応最低限再生はできる環境は確保しておきますが・・・。

そんなわけでこの最新型より一個前のネットーワークプレーヤーを愛用してるわけで

th_NCM_0293.jpg
その理由がこのFMやAMのラジオが聴けること
FMラジオは更に専用のチューナーで高音質でエアチェックを再開する予定なので
th_NCM_0291.jpg
このAMラジオが使える旧型は貴重

最新型にはラジオは省かれてますし
今やOEM供給元のマランツの入門機種にしか搭載されていません。

NA6005_release.jpg

そんなわけでお安くてネットーワークプレーヤーとして使える機能のあるこいつはナカナカにお得で便利♪で
いずれハイレゾ音源の需要が出たらばALACにも対応してて
普通にラジオも付いてるマランツの最新型を買おうかと思っていますが
まあ、その可能性は限りなく低そう何故ならマランツでも変わらないのが

IMG_0015.png
このうんこな専用アプリ
まあ、殆ど使い物にならないので普通にiTunesやアプリでAirPlay。

そうそうBluetoothによるワイヤレス音響機器も人気がありますが音質がへっぽこ
個人的にはワイヤレス電話など音質に関係ない用途以外使う気にはなりません。


なのでネットーワークラジオ&AirPlay専用機に限れば
このネットーワークプレーヤーは非常に有用で日常生活には欠かせないアイテムになってます。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック