身の回り最優先

税金上がるし、生活物価は上がるし、バターは品薄だし
給料上がらないし

株価や税率や支持率ばかり上げて

日々暮らしを悪くする腐れ自民党ふざけるな!

一刻も早く政権から引きずり下ろせ!!!!!


こんなに生活が逼迫してるのに
こんな当たり前のことすら主張する人間は今や皆無(笑)

それどころか政権支持率は増々上昇

そう、今やこの国は身の回りの生活がどんなに悪くなろうと
天下国家が最優先

この国はそういう自己犠牲的な姿勢を美徳と思いがちで
実際、未だにそういう考えが大半の国民性ですが

世界的には真逆。

それはそういう自己犠牲的な美徳を国民全体で徹底的に実践し
完璧なまでに失敗したあの戦争の歴史が何よりも証明しています。

毎度言ってますが(笑)

そんな自己犠牲精神から正当な自己評価も生まれませんし
案の定、自画自賛な自己評価が蔓延し正当な自己分析もできず慢心

結果、自己改革もできず自滅するのは当然といえば当然


誰にも身近な身の回りことを優先するということは
何よりも自己の判断基準や評価が正確なものになりますし
身の回りのことより、遥か遠くにある見えも感じもできない国家を再優先し
正確に評価できるなんて物理的に考えて有り得ません(笑)

テクノロジーが発達したも今もそれは不変

そんな良い意味でのジコチュー評価が基本中の基本であり
その延長上に国家や共同体もあるのです。

そんな身の回りの評価が悪くなれば、当然のことながら
その延長上にある国家や社会が悪くなったの同義であり
当然のことながら体制変革を中心にした自己改革へと向かうわけで
それが世界的な常識です。

あの全体主義の北朝鮮や中国やソ連ですら
そういう自己改革を経て存在してるわけで
曲がりなりにもそんな自己改革を基本に据えているのです。

この国が決定的に違うのは

その土台からして自己改革の結果でなく
全て他人任せであり、悪い意味で身の回りより国家優先
それがカミカゼ攻撃にまで至るほど根深く
国民性レベルで染み付いているから深刻なのです。

そんな身近な自己周辺の暮らしより
遠くにある国家を優先する国民が
正確な自己評価なんぞできるはずもなく、
まして自己改革なんて概念すら持ってないでしょう(笑)
何故なら遠くにある国家こそが絶対なのですから

自分から積極的に体制を支持するか?
体制から強制され消極的に支持するか?

その前者、後者の違いだけで、この国は前者
むしろ後者である北朝鮮や中国などの全体主義国家と何ら変わらないか
ある意味、先天性の可能性もある分より質が悪いともいえます。

そんな身の回りより国家優先の国の体制支持率が
身の回りの生活悪化と反比例で上昇するのはあの戦争でも当たり前のようにあった光景ですし
未来が悪化すればするほど意固地に上昇するでしょう。

そう、そんな破滅的な状況から自己防衛するには
良い意味で自己中心的になることでして
その判断材料は身の回りの暮らしの良し悪し

それだけなのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック