楽しみながら学ぶファンクギター

最近よくソウルやR&Bを聴きながら
正確にはテンションを上げて踊りながらギターを弾くのが密かな趣味になってます。

そう、我々へっぽこなアマチュアは楽しさ最優先



やっぱりまずはこういう大御所の超有名曲の真似っ子から始めると
色々とテンションも上がって楽しいわけで
そういう意味でもJBはうってつけの存在


この動画なんか実に参考になりまして
JBの有名曲コピーを基本にキメのフレーズや定番の7thや9thコードなども丁寧に解説されてます。
テンションコードはジミ・ヘンドリックスよりJBで学びましたね。

ファンクはグルーヴを生むブラッシングを混ぜたりした
リズムワークが最大のキモなのはもちろんですが
案外大事なのが音作り
クリーンにリバーブかけた基本的な音に
時には真空管アンプ(今は小型で良いのがある)で
バキッとした気持ちのよいアッタク感を出すのが大事なのが解ります。

そのバランスを変えながら
曲によりワウなどを足せばテンションMAX


ファンクギターの大御所の一人といえば
やっぱナイル・ロジャース

そのリズム感をのキモを動画で学べますが我々には些かハイレベルですな(笑)

本人の指導よりも

色々と親切に解説されてるこっちで練習するのが良いかもです。

慣れてくると
大好きな曲に合わせアドリブで弾くとより楽しく上達するので
色々とインスピレーションも湧き更に楽しくなるという好循環

夜は真空管アンプは鳴らせないのでヘッドホンで楽しめる機材があると
ファンクな夜が楽しめるでしょう。

他にも教則本などで学ぶとより上達するでしょうが
個人的には上達より楽しみながら学ぶのを最優先事項にしてます。




ファンクは普通に踊りながら聴くのも楽しいですが
名曲をギターなどの楽器を弾きながら楽しむとより楽しいですよ♪
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック