大脱出



スタローンとシュワルツネッガー共演のサスペンスアクション
刑務所に対して警備体制の評価をすると仕事というか
早い話しが刑務所に犯人としてわざと収監され
ほぼ囚人と同じ潜入生活を送りながら脱獄をして刑務所の盲点を指摘する
というのを生業とするスタローン

冒頭からクールに脱獄を決める様は実に痛快なのでして
いや〜こういうギリギリな潜入をキメル仕事は個人的に憧れますね(笑)

しかし、そんな潜入&脱出稼業も
最悪の事態を想定してて、ほぼと書いた通り
完全な囚人ではなく万が一の場合はミッションを中断できる
最低限のフェイルセーフが効いてたのですが

上司にはめられガチで囚人として収監される羽目に
もう予告編でバレてるので書きますが絶海の孤島でなく停泊船の中に
作られた刑務所に収監されるスタローン

本当は場所も知らされず、電波少年的に収監され
その自分たちの居る場所をスタローンとシュワルツネッガーが暴くの過程が
肝の一つなのに予告編で壮大にバラしてますので(配給元は何考えてるのか?)
まあ、しょーがないですね。

スタローンの刑務所モノといえば「ロックアップ」
それを意識したようなアクションシーンも出てきたりしてニンマリ

イスラム教徒の囚人仲間の仁義など
熱く燃えるポイントもあったり作品自体は大御所の味のある安定感とサービス精神が
終始炸裂してるのでラストまで安心して楽しめる作品でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック