チキンレース

株が高騰しています。

基本的に歪んだPKOが横行する官製相場に
マジになってどーするの?

てなスタンスは相変わらず、なんで簡潔にしか言及しませんが
何やらニュースによると、史上空前のPKOという後ろ盾により

「外国人は楽観視」してて「日本人投資家は悲観」

てなコトを言ってまして
ここまで露骨な買い煽りは近年稀で笑ってしまいました。

そりゃ、そうでしょう
PKOで上がると解ってて買い上げた外国人投資家が悲観するはずもないですし
株は買い手ばかりでは成立しません。

総悲観は買い、総楽観は売り

という格言がある通り

楽観視して買いポジションを構築してる
外国人投資家やPKO勢も高値圏でババを掴む
売り手がいないと利益の確定すらできません。

そうなると、総楽観状態を構築して
誰かに高値圏でババを掴ませる必要があるわけで、それは
楽観視してる外国人投資家かもしれませんし
豊富な残弾で買いまくるPKO勢かもしれませんし
我慢できず飛びつく国内投資家かもしれませんし

誰が誰にババを掴ませるかオモローな展開

そんな中、いよいよジワジワ大台突破でありまして

実体経済を見れば国内投資家が悲観するのも当然の話で
悲観しないほうがおかしいというもの

為替レートで割安な上にPKOに乗っかる外国人投資家が
投機的に買い煽るのもある意味、当然の話

あとはどこまで歪んだPKO相場の残弾が保って誰がババを掴むか?

そのチキンレースなわけです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック