コソコソしながらスパイ

あれだけガン無視してた安倍政権が今頃になってようやく
菅官房長官:沖縄知事と会談、5日で調整
わざとらしい対話の姿勢をアピールしようとしてますが
例によって、コソコソと姑息

聞くところによると、その対話の場所も
鳩山時代からお馴染みのオープンな県庁や知事公邸ではなく
密室のホテル(まあ密室云々よりもメンツの問題か)
ホント相変わらず姑息な官房長官。

そんな姑息な会談に沖縄の現状を打破する有効性があると到底思えませんが
沖縄県の元幹部職員を外務省参与に
そのコソコソなスタイルは極まってまして
とうとう裏でコッソリとスパイまで誕生させる始末

さすが陰険な安倍政権らしい姑息なやり口でして
この異例の人事は
明らかに沖縄に対する外交上の牽制や内部情報の収集や工作を兼ねた

事実上のスパイ

人材の引き抜きやらも事前に色々と話して堂々とやれば良いのに
こんなやり方するあたり安倍政権の姿勢を物語っていますが
沖縄はこんなやり方しかできない日本政府なんか当てにせず
民意に基づく要求だけはしておいて

独自に実のある対話ができる相手や道を色々と模索するべきででしょうね。

一切妥協する必要はないでしょう。

この政府の姑息なやり方こそ、その独自の道に有効性がある証拠なような気がします。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック