原理原則の存在しない国

とあるフリージャーナリストのパスポートが日本政府により取り上げられています。

まあ、憲法で保障された各種自由を真っ向勝負で否定する
超がつく重大な事件なのですがマスコミは静かなもんですハイ

今やこの国が報道の自由はもちろん
中国ですら保障されてる渡航の自由すらも政府の都合により
平気で制限される大封建社会が現実に起きてるわけで

経済的な利己主義を重視する欧米諸国や友好国で
テロを理由に国民を戦争に巻き込むことはあっても
テロを理由に国民の自由を制限するのは日本くらいでしょう。

政権1つ変わるだけで
いつの間にかテロの標的になったあげく
中国をも下回る不自由な国になってるのでして
これがほっとけば、どこまでも暴走する
自分の頭で考える能力も、それに伴う原理原則もない国の現実

欧米や中国のように自分らで勝ち取った自由や政府なら
自由の頭で価値判断し原理原則も存在しますが
自分の頭で考えず貰い物の自由や政府なら
原理原則も存在しないので
時の都合や利害により憲法で定められた自由すらも
共産政府の中国政府をも超えるほどホイホイ制限されるわけです。

まあ、国民を守るためとか
最もらしいこと言ってますが
邦人人質事件は去年から始まっており
イスラム国のリスクは去年も同じで
何故後藤氏らの旅券を取り上げなかったのか?

そういう話になるのは当然で
結局は自分らがテロのリスクを甘く見ていたというのが
証明されるだけでなく
テロと戦う欧米ですら極力保障される報道た渡航の自由すら
時の政府の都合により簡単に制限される国であり
国民の安全を守るためでなく自己の保身のために行われた渡航制限であるのを
何より自白してるようなもの

それ何よりも証明するだけで
まあ、イスラム国は恐怖政治やら中国や北朝鮮も全体主義政治とか
色々と言われてますが
この国も順調に同じレベルへ落ちて言ってますね。

自覚なきまま

安倍首相はアジアで最も危険な人物
=ヘッジファンド首脳


そんなことばかりしてたら
こういう見方が出ても当然で離島の領土問題だって
寝た子を起こし刺激したのは元都知事であり日本側

中国だって刺激されてホイホイ侵略するど馬鹿でないですし
自分で価値判断もできず
ほっとけば自浄作用が機能せず暴走し自滅するのが確実な国を侵略する価値が今あるか?

簡単にラインを越えて暴走する国と違い
ギリギリの寸止めパンチを繰り出すあたりどっかの国より冷静に見極てるかもですね。

政権の意を汲んだマスコミやそれにアンダーコントロールされた国民は
敵視してる国よりも下のレベルまで堕ちて
世界的に警戒されてることなどつゆ知らず自省でなく
自画自賛してるのですからお目出度い話です。

個人的には、同じような歴史を繰り返すその辺も含めて
何かと都合が良いので傍観に徹しましょう。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック