圧政慣れしてるんで

いよいよ2015年が幕開け
新年明けましておめでとうざいま〜す!

といきたところですが、今年は圧政が更に加速するでしょう。

新年早々ホント申し訳ないですが、文句は圧政を敷いてる政府へどーぞ
ってなもんんで

南西諸島の小さな小島で生まれ育った身としては
琉球王国から薩摩時代に至るまでDNAに圧政と戦乱による経験則が刻まれているのか

残念ながら人口やが増加し続けて五輪も控える都心部や
株価や給与が上がり続ける一部輸出企業ほど楽観的な視点に立てません

むしろ薩摩時代の圧政や太平洋戦争時の戦乱を
ダイレクトに経験した祖先の血が流れる身としては
どう考えても今後はその圧政や戦乱で失敗をした為政者の子孫により
再び圧政や戦乱の時代へ回帰しようとしてるのは明白

というか、当の首相が堂々とその大失敗した戦前へ回帰しようとしてるのですから
圧政や戦乱が起きないほうが不思議というもの

ドイツがナチスのレジームへ堂々と回帰すると宣言してるようなもので
そんな大失敗した先祖が先祖なら子孫も子孫
史上空前の圧政による生活苦の徴候が各所に現れておりますが

そんな圧政による生活苦を探知し自己防衛するDNAが
このアウトサイダーな島人にもしっかり刻みこまれてまして
呑気に島唄なんぞ歌えませんが、そんな過酷な時代の到来はとっくのとうに予測済み

ですが、今やそんなナチュラルボーンな島人は少ないですね。
残念ながらこの奄美には

あの史上空前の賄賂事件を巻き起こし首都の知事まで失脚させた
徳洲会に代表されるように
今やそんな自分らの暮らしを悪くするだけの圧政を察知し自己防衛するどころか

今や圧政を敷く権力者側へ与したつもりでいる似非島人ばかり
そんなんで島の暮らしが良くなるどころか、増々悪くなってるわけで
まあ、落ちぶれたもんです。島人も

そんな圧政を敷いた薩摩藩側や
戦乱を招いた大本営側へ与するような歴史を忘れた島人なんぞ
いくら島唄を歌えても島人である価値なんかゼロ

歴史に学ないと人間である意味すらありません。
そんなサルでもできる反省をせず
その失敗の尻ぬぐいを全てGHQにしてもらった繁栄の後

また失敗の時代へ失敗した為政者の子孫が回帰しようとしてるんですから
最悪の事態

そんなことすら肌感覚で理解できないようでは
自分で問題解決できる能力はゼロと公言してるようなもの

結局はインバウンドとかいって外国人頼りの他力本願な繁栄しか模索できない事態になり
衰退の道を辿るだけでしょう。

そのセコい徴候がこの小さな島にもダイレクトに現れています。

たとえ一人になっても草食ってでも
島唄を歌えなくても
圧政や戦乱へ抗う21世紀のナチュラルボーンな島人を標榜し続ける覚悟
幸いにもこの毛深い体に流れる血には
その圧政や戦乱による酷い生活苦や惨劇の記憶や
それへ抗い自己防衛するガジュマルの根のような
しつこいゲリラ的な反抗根性が沸々と流れています。

戦後70年

他力ながら平和を実現してたのに
絶対にあの地獄のような戦乱への回帰や私腹を肥やし続ける
権力者による圧政は今回限りで最後にしたいところ

ナチュラルボーンな島人としては
全く歴史に学ばない為政者とは正反対に歴史に学び
全く歴史にはない新しい道を自らで模索したいですね。

そういう意味では、沖縄は未だに過去でなく未来へ生きる
島人で在り続けています。

1973年に生まれた団塊ジュニア世代で
奇しくもバブルという日本の絶頂期
その絶頂期で日本一の企業に在籍してその本質を知る身としては

地獄の戦前回帰時代の徴候を探知するのに
その日本の絶頂に居た経験則が活かされておりまして
今の日本は落ちぶれ街道一直線
活況なのは首都と輸出企業の城下町と相場くらいなもんでして
その三方ともこの身で経験してるので間違いナシ
そんな激動の圧政下

今回もまたその激動の最前線にあり
唯一未来を切り拓く可能性のある地である沖縄

戦後70年の節目の年

常に圧政と戦乱に巻き込まれ続ける島へ旅したいと考えています。

圧政の嵐が台風のように吹き荒れうようが
この島人はガジュマルの根のようにしつこくのさばり続ける覚悟

どーせ豪快に人生棒に振って失うモノもこの身一つ

日本の絶頂と地獄を両方楽しめそうなんでワクワクすっぞ

ま、温室育ちの為政者と違いトコトン圧政慣れしてるんで
マッドマックスのようにサヴァイブ、サヴァイブ

そういえば、今年はそのマッドマックスの新作も久しぶりに公開されますね。
そっちも楽しみ♪

そんなわけで、あとは圧政の中から次へ続く者のために
未来を切り拓く鍵を見つけるだけであります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック