ジワジワ絞め殺し☆

さて、いよいよアベノミクスより開幕した地獄のカーニバル&フェスティバル

そのわかりやすくサクッと殺される恐慌より怖いのが
ぐるぐる輪転機によりジワジワ絞め殺されるアベノミクスのインフレ・タックス地獄

14467.jpg
この前の経済の基本のビデオでも出てきましたが
国の財務を天秤に例えると

片方が債務、ようは借金 もう片方が所得、ようはGDP

この天秤のバランスというか、

所得が増えるより先に借金が増えないようにする

のが大前提なのですが

現在日本国には1000兆円を超える莫大な借金が片方の天秤にあるわけでして
その借金の利子は2年債でゼロ
長期だと0.5%ほどの利子がついてるのですが
コレは借金に2%以上の利子がつく米国よりは超割安

そんなわけで、借金が膨らむ速度は幸いにも低いので
少なくともプラス成長して単年度の収支を黒字化
ようは借金の速度より所得が増える速度を増していけば
片方の天秤にも同じくらいのセコセコと貯めた金融資産もありますし
金利を上回るプラス成長なら借金は返せるわけです。

フツーは(笑)

ダウンロード

米国は借金の金利も2%ちょいありますが、成長率も概ね同じくらいあるので
トントンで格差拡大やなんかやいっても基本的な経済のパイは常に拡大してて
ゼロ金利政策や量的緩和策により雇用も回復
資本家が設備や労働者に資本をそれなり投下そ生産性もキープ
みんながお金を借りて、事業したり家を買ったり
ようは成長にレバレッジをかけて拡大する好循環が生まれ
雇用の質などと贅沢言うくらい日本や欧州と比べて実体経済も相場もワッショイ!
今や出口へ向かい、ついには金融引き締めする段階


で、同じように量的緩和策やゼロ金利してる日本はというと
未だに超がつくデフレマインド(笑)
連日書いてる通り日本人のマインドはこんなに低金利なのに
誰もリスクをとらず
th_PB200101.jpg
集団的にセコセコとタンス預金な自己防衛しこんな事件まで起こすほど
強固なデフレマインドが蔓延っていまして

その額に汗したり貯蓄をする働きアリな自己保身マインドを企業は悪用し
労働者を酷使して収益率を上げなんとか成長カーブを誤魔化してた状況
相変わらず収益率の高い企業がひしめく相場は儲かるので金融緩和策も重なり
連日ワッショイ!ワッショイ!で活況なのですが

ついに実体経済は自己保身マインドとアベノミクスという延命策により自滅
下手したら金利すら下回るようなマイナス成長の可能性すら出てきてる
超がつく深刻な状態

あのねえ普通はこれだけゼロ金利で量的緩和策までやったら
どんな国でも潜在的な労働生産性の成長カーブに沿って+の経済成長はするんですよ
フツーは

ですが今やGDPの伸びは超低空飛行

それだけアホみたいに自己保身のマインドが強固なのでして
こんな低金利なら
人口が増えてるフツーの国なら、いや、出生率が悪い国でも
技術革新などにより低い労働生産性成長カーブが発生
みんなが仕事してるし、非正規雇用だろうがそれなりの所得もある
それならそのそれなりの信用を基にそれなりの前借りして更に成長しようか?
と、こんな好循環がそれなりに
少なくとも低いプラス成長で発生するのですが

超がつく低金利なのに日本はそれすらも起きない超がつく異常事態

中央銀行が超借金しやすくしてるのに誰もリスクをとらない
そんな自己保身的な国が経済成長できますか???
しかも誰よりも朝から晩まで働いてるのに低成長

無理です。

成長しないなら借金も返せません。

低金利でも成長しない。
それを恐慌というのですが、もう成長が絶対に見込めず経済規模が縮小
この厳然たる事実を無視するほど官僚は無能じゃありません。
馬鹿なエコノミストは知りませんが
しかも来年は米国が利上げするので
間違いなく世界的に金利の上昇圧力がかかります。

そうなると借金の速度は更に早くなるので
金利抑制のため日銀のバズーカも連射
その副作用により増々物価高は加速し潜在成長率を押し下げますから
金利は下がってもあまり意味なし

借金が返せない場合、緊縮財政をするのがまず先なのですが
民間ですら自己保身的な国なのに役人は言わずもがな
まあ、ギリシャのように緊縮財政どころか息子に公務員を目指させる有り様

次に莫大な債務を不履行するのもラクな方法ですが
それは支配者層の延命的にアレ

そこで次は増税となるのですが
今も空前の増税ラッシュししてるのですが
まあ不人気なわけで政治家の延命策的にアレ

そこで官僚はセコセコ貯めた莫大なタンス預金を人質にして
インフレを演出。
税金の代わりに通貨安や物価高を演出して
最後の最後までジワジワ絞め殺して搾り取る空前の延命策に出たわけで

その詳細は昨日かいたとーり

そう、アベノミクスは完全に日本へ見切りをつけたと書きましたが
本当にそうなんですよ(笑)

未だに甘く考えてる人が多いですが
そんなわけで、朝から晩まで働いてるのに給料が目減りしてるのでして
大企業ですらトントンか下手したらマイナスでしょう(笑)

そんな円という通貨で生活してるだけで
どんなに給料貰おうが実質的な金利がマイナス
ようは生活するだけ通貨や信用価値がマイナスになり続ける国が今の日本

しかもバレないようにジワジワ絞め殺していく絶妙なスピードで(笑)

ハイパーインフレーションや国債の暴落なんてわかりやすい地獄は来ませんよ。

このインフレ・タックスの恐ろしさは言われないと解らないわけで、事実
日本国民はマッタクと言っていいほど気が付いていません(笑)

もちろん財政ファイナンスは永遠ではないですから
成長が債務に追いつかない以上
どこかで破綻は必ず訪れるわけです。

遅いか?早いか?速度の問題

遅かれ早かれジワジワ絞め殺す大増税政策なわけです。

今のとこ日本は延命のためにわかりやすい大増税よりも国民に気付かれず
ジワジワ絞め殺して地獄に落とす
インフレ・タックスという方法を選んでるわけです。

実際にマスコミですら脳天気ですし、
未だに国債暴落やハイパーインフレーションとか
分かりやすい危機しか煽ってない状態

そんなわけで、金利を上げる
ようは債務が増える速度を速める金融引締めという夢の様な出口には
債務がある程度減らないと
ようはそれなりに経済成長しないと話にならないわけで

それは政府の仕事

いくらなんでもさすがに次のGDPはプラス成長するでしょうが

2011-01-20a.jpg

日銀総裁が低く金利を抑えてる間に
コレだけの物価高なのに消費が冷え込むデフレマインドの中
黒字化を目指すために3%超ものの経済成長できるか見もの(笑)

物価目標2%を目指す延命策の官製相場は日銀総裁のお仕事でして
こっちのほうはバズーカにより成功してるわけで
低成長やデフレマインドで足りない分はバズーカ連射で足していけば結果も出せるお話

物価高?円安?それに対応できる成長率を達成するのは政府の仕事

で最終的に結果を出せず責任を負う無能者が誰か?

自己保身のために自分が先導して相手を踊らさせてるつもりでも

自分で自分の首をジワジワ絞め殺してたのは誰あろう
自己保身的な国民と政治家だったわけですが
ホントに笑える話ですね?

え。笑えない。

そんなこと知ったこっちゃないですねえ

彼らを反面教師に自己防衛あるのみです(笑)

五輪もありますし、地獄でもそう簡単に死なせてはくれませんよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック