運命の速報値迫る

さて、来週の月曜日
あと8日で日本のド庶民の運命を決める消費増税
その判断材料に使うと首相が明言している7〜9月期のGDP速報値が発表されます。

そのタイミングを見越してか

安倍首相「解散は全く考えていない」
こんな牽制や観測気球ともとれる動きが表面化してますが

気になるのはその数値。

4〜6月期のGDP確定値
年率換算-7.2%
という空前のマイナス数値と比べれらる今回の数値は
日本国民の予想や願望や実感に反して

GDP予測 プラス1~2%台の小幅な伸びか

ご覧のとおり小幅ながらプラス転換は確実でありまして
個人的には増税を決める材料としては微妙ではありますが
不可能ではない数字が出されると予想しています。

速報だと年率で+1.5〜2.5%くらいまでは十二分に有り得る範囲。

当初の予測である+4%前後ではないにしろ
-7.2%という大幅な落ち込みからの
2四半期ぶりのプラス転換2%前後というのは
その中身の議論は置いといて
政権的にこの夏の天候要因を考慮すれば
増税判断へ向けて十分にフォローできる範囲で
反動減からの回復を印象付けるのに2四半期ぶりのプラス転換というのは
それなりにインパクトは大

というか-7.2%というのがあまりに落ち込みすぎたので
そこから比較するハードルはやっぱり低く
この夏いかに前年同月比で消費が落ち込んだとはいえ
四半期GDPはあくまでも前期比
4〜6月に比べるとその数値は回復してまして

小幅ながらもプラス転換は確実

麻生財務相や黒田日銀創などが再三口にしてる
増税先送りするリスク的にも
大幅なマイナスからのプラス転換はそれなりに後押しできる材料

実際には12月の確定値まで見ての判断としていますが
個人的には増税先送りを期待する人々にとっては
予想外(前期比マジック)のプラス転換になると踏んでまして

いくら実質賃金や消費支出が前年同月比での数値が下振れれてても
あくまでも判断材料は7〜9のGDPと
政権サイドは明言してるわけで、
小幅ながらまさかのGDPプラス転換は色々と波紋を呼びそう(笑)

そんなわけで、予想外(国民的には予想通り)のマイナスにでもならない限り
年末の増税判断へ向け

更に面白い展開が続きそうな予感がします。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック