甘く見ないほうがよいですよ

さて、黒田バズーカ第二弾がバシーンと発表されて以降
為替も株も相場は過熱気味でありますが、この緊急の追加緩和。

前にも書いた通り、
米国の緩和終了(内実はともかく)や産油国の思惑により下落した原油価格
それにより
ただでさえ消費低迷により再燃しかけていたデフレ懸念が再燃する危機が高まり
緊急避難的に行われたのが黒田バズーカの隠れた真相でして、そう

th_PB060038.jpg
th_PB060035.jpg
善きにしろ悪しきにしろ日銀の物価目標に対する執念は
恥も外聞もなく前言を全否定で撤回するほどガチ、本気なわけで
国民生活を完全に無視した
その手段を選ばないその姿勢を甘く見ないほうがよいでしょう。

th_PB060047.jpg
何故ならジャブジャブに溢れてたドル緩和終了に伴い
原油価格値下げ戦争すら勃発しそうな現在
bandicam 2014-11-07 10-01-16-600
国内のガソリン価格も値下がりしてまして
おーいいじゃん!!いいじゃん!!
となりそうですが、日銀や政府的には最悪の展開

増税と円安や原油高を基にした原材料価格高騰で嵩上げし演出してたコストプッシュインフレ
その折角目標へ向けて上げてた物価を押し下げる要因にしかならないわけで
エネルギー価格も含めたコアCPIを採用する日銀にはかなり由々しき事態

その穴埋めに手段を選ばず、残るコストプッシュインフレ圧力を増やす
増税と円安を徹底的に加速しようという次第
何度も言いますが目標さえ達成できれば細けーことは関係ないのですよ。ハイ

日銀総裁だって一部は切り捨てるが全体(ここでいう全体を勘違いしないよーに)で
プラスになれば良い。
と断言してて、そのために手段を選ばない。

と全世界へ表明してるわけで

ようは、一部のために全体が犠牲になったあの戦争と同じ

でも円安は輸出企業が儲かるし悪いコトばかりじゃないべ〜。
なんて甘いこと考えてる人がいますが、
まあ確かに円安に伴いそれなりに輸出も増えて

トヨタ中間営業益、7年ぶり最高=
通期純利益は初の2兆円―北米好調、円安が追い風


こういう一部には円安で儲かる企業も出てくるでしょう。
でもねえ、その内訳を見ても解るとおり
002.jpg
去年と比ると北米での売上が増し円安により更にブーストされた分の儲け
国内ではむしろ減ってましてアベノミクスが如何に国内へ恩恵がないかを表してますが

円安で海外進出した企業が国内回帰する。

なんて、これまた甘い幻想を抱いてる人も多いのですが
よく考えて下さい。

海外進出した企業の外国での売上が
円安により更に円建てでブーストされ利益を増しているわけで
国内で作って輸出した儲けが増えてるわけではないのです。

それならもっと円安で国内の景気も良くなり、国内での売上も増してるはずです。
でも現実は真逆(笑)

当たり前です。

現地で作っても本社が日本にあれば
現地の売上が円安でブーストされ儲かるのは同じ

儲けが同じなら
現地で作ったほうが株価以外全てが先細りの日本で作るより
輸送費は要らないですし
原材料価格は安いですし
需要も多い


のでして、一度海外進出したのなら
円安になればなるほど国内で作るのは馬鹿

なわけで、そんなこと普通に解ることなのですが
未だにこの辺を理解せずというか、政治的理由でミスリードする傾向があり
まあ、円安を甘く見ないほうがよいでしょうね。

そんなわけで円安で増々一部の輸出企業が儲かるのは事実ですが
それは輸出系企業の儲けやそれに投資した資本家の儲けや一部の従業員の給与が増えるだけで
アベノミクスが言う資産波及効果なんか嘘なのです(笑)

lib837448.jpg
その解りやすい理想と現実がコレ

上のように資産波及効果が下までしたたり落ちてみんながハッピー!
というのがアベノミクスの建前でありますが

現実は真逆
低所得者層や地方まで遍く潤ってるなら
経済成長率は下振れしていません。

つまり、アベノミクスによって物価や株価の目標へ向けて
徹底的に何が何でも円安や株高は演出していきますが
国民生活は徹底的に無視して一部の層を徹底的に肥やしていこうというのが
遅れてきた新自由主義の最先鋭であるアベノミクスの真骨頂

アベノミクスのいう全体とは、その全てを握る一部の層を指しているのす。


国会でゴルフ場利用税の存廃議論 
「スポーツか娯楽か」


8adcdba63dc47afe47565024865d8ad5.jpg

その恐ろしさを甘く見ないほうがよいでしょうね(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック