確信犯

さて、マーケットに強烈なインパクトを与えている追加緩和ですが
コレ
日銀総裁の言うとおり、目標のためにはガチで何でもやる宣言でして

それは、ズバリ物価目標と増税
おまけで為替レートですかね。

そのためには国民生活や経済成長率や雇用や内需なんか全く知ったこっちゃない
もっと言うと、株価や輸出すらも知ったこっちゃない
という史上空前の確信犯的な大宣言でして
ハッキリ言えば体の良い財政ファイナンス。

財政規律ギリギリの策なんて言われてますが、
消費増税とセットで考えるとそんな甘いもんじゃないですね。

物価目標未達や増税先送りとかで海外から見放されないためには
日本の実体経済すらも犠牲にして
とにかく何でもやるという
事実上の円の大バーゲンセールの宣言

米国が金融引締めした直後のタイミングといい
ココに書いてある通り完全なる通貨切り下げ宣言
とにかく全力で円の価値を毀損させようという施策でして

引用すると

※極端な言い方をすれば、日銀は資産側に価値が毀損しやすい、質の悪い資産を購入していけば、負債側にある円の価値を簡単に下げることができる。

何も為替レートのことだけを言っているのではない。通貨の価値を下げるということは、様々な物(不動産、車、コップ、食べ物、飲み物など全ての物)に対する通貨の価値を下げるという意味だ。これは円建てでみた物価が上昇することに他ならない。


そう、じゃんじゃん円をバーゲン・セールして極端な話
日本国という国全体の価値を毀損すれば相対的に
円建てで物価が上昇したのと同義

貿易赤字?そんなもん知ったこっちゃありません
そんなの気にするならこんなコトやりません。

ようは事実上の財政ファイナンスで
目標達成までは金利は上がらないという絶対なる確信の下
徹底的に通貨の価値を切り下げようと形振り構わない強烈な姿勢の現れ

もはや経済政策というより極めて政治的な意図のもと
実行された策でして全会一致だった前回の緩和と正反対に
委員が完全に分裂し黒田氏と財務省派の票で決議されてるのが全て物語っています。

極端な話、経済界の意向より官僚や政治家の意向が何より最優先

それを全世界へ向けて明確に宣言したわけで
本気で円安はマイナスと思ってない(思ってるけど無視が正解)証拠なのです。

つまり、これからは普通の庶民にとって(最終的には特権階級も)
日本に住んでバーゲン・セール通貨を使い
高負担低福祉の国で生活すること自体がリスクになる時代へ突入したわけでして
それだけ国民は舐められてる何より証拠なのです。

俄に信じられないでしょうが、彼らはどんな手段を使ってでも
本気で自己保身と延命のための劇を演出してきますよ。

ハッキリ言いますが、特権にない国民には
叶わぬ自画自賛の夢を見てもらいながら
延命のために死んでもらうと完全に宣言してるのです。

でも、自分たちが選んだ為政者がそんなことすると信じたくない国民は
見せかけの株価や自画自賛に踊り支持するわけですが
物価高は増々進行し、実質賃金は低下

当然、余程の大企業か公務員でもない限り
生活苦になるでしょうが社会保障は削減
完全に犠牲になって
死ねと言ってるわけですが、この国の国民は喜んで死ぬでしょう。

断言します。
そう、一部の特権階級のために庶民が犠牲になるのは
この国では全然珍しくない風景
あの戦争でそれを完全に証明済みなのですから(笑)

だからこそ、こういう日本経済がクラッシュするリスクを権力側は平気で冒せるのでして

よーーーーく考えて下さい。

異次元の金融緩和とアベノミクスで
為替は80円から110円まで30円上昇
株価も倍になりましたが

実質賃金は14ヶ月連続低下し経済成長率は

成長率0.5%に下方修正=今年度見通し—日銀

0.5%に低下の恐れ
0.5%ですよ!

デフレ懸念で経済急失速のドイツですら下方修正しても1.2%あるというのに半分以下

そう、これが金融緩和して円安株高にした何よりも明確な成果なのです。
つまり物価目標と増税のためなら
最初から国民生活や日本経済なんか知ったこっちゃないというわけ
で自分は最初からそれを指摘したと思いますが
それを信じたくないというか知る由もない国民はあいも変わらず狂喜乱舞で支持

経済急失速したコトと
全く同じコトを今度は更に強烈にやるということは
普通に考えて円安株高も強烈に演出しますが
増税や物価高により生活コストは更に上昇。
肝心の輸出は増えず国内消費は低迷
実質賃金は増々低下し経済成長率は下手したらマイナス成長に突入するでしょう。

でも関係ないのです。

特権階級が延命さえすれば

あの戦争でもそうだったでしょ?

中途半端な資本家だって例外ではないですよ
五輪前の自画自賛でカモフラージュされてますが
実はそこまで追いこまれてるのです。この国は
一億総玉砕の国
その気になれば将来的には資産封鎖だって十分にありえるでしょう。

事実、海外へ逃げる資本家を制限する動きが見え始めています。

そして米国のQEが終了した今
原油やドルに流れてたジャブジャブのドルは急速に引き上げられています。

今後はそんな蛇口を締めて希少になる通貨と
国を挙げての大バーゲン・セールをする通貨との差が
史上空前の異次元レベルで明確になるわけですが

そんな国で世界一馬車馬のように働くコトはもちろん
生活するのでさえかなりのリスクになるのは
フツーの感覚なら理解できるでしょう。

少なくとも先進国でバターが手に入らないのは、この国だけ
その確信犯がもたらす副作用の兆候は随所に現れていますが

本当の地獄はまだまだこれからです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック