時代劇の低迷

最近テレビドラマなんぞ殆ど見ないのですが
テレビからめっきり姿を消したのが時代劇

地上波ではNHKの大河ドラマ(こっちはこっちでアレ)と木曜時代劇(こっちが正統派)のみ

何か日本は凄いぞ〜!!!と外国人を使って自画自賛するような番組作るくらいなら
自国の伝統的な時代劇でも見たほうが良いと思いますし
人気が出てもおかしくないと思うのですが
何故か国民的にはバラエティ番組より人気が無いようでして廃れまくり

そんなすっかり廃れた時代劇を
今夜はこちらのラジオ番組で色々とワイワイ語るので

2014年10月24日(金)「みんなで語ろう!時代劇」

自分のように物好きな非国民は是非とも聞くべし

7186swFbEmL.jpg
コチラの本
でも色々と語っているので興味のある物好きはどうぞ

で、色々と西洋な文化にも影響を受けてる間抜けなハードコアなニートですが
小さい頃には人並みチャンバラーでして
時代劇にはそれなりの影響を受け
当時は米国の西部劇のように名作も数多く在ったのです。

確かに
時代劇は一般的な現代ドラマよりも遥かに製作予算がかかるのでして
全てにおいて専門的なノウハウが必要なジャンルで
バラエティ番組でら安上がりな今の状況
時代劇ドラマが贅沢な存在になるのも理解できるというか
当然のことなのですが

だからこそ、今の日本の社会や文化状況が
自画自賛バラエティ番組でやってるほど余裕がなく凄くない
という当然のことを
この時代劇の低迷が全て語っているような気がします。

アニメやアイドルもよいですが
この時代劇というジャンルこそ黒澤明監督に始まり
世界の映画製作者へ多大な影響を与えたジャンルだと思うのですが
それが軽んじられてるのは実に悲しい限り

名作多きNHKの平日時代劇がかろうじて存続してるのが
唯一無二の希望ですが個人的に近年はコチラも内容が低下してるような気がします。

そういう日本の低迷を示す現象という意味で
時代劇の低迷は実に興味深い現象ですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック