大企業と公務員と政治家の為のアベノミクス

さて色々と政権や経済がゴタゴタしたりしてますが
その影に隠れて
信じられない事態が進行中
何かというと
国家公務員給与、
7年ぶり引き上げ 平均年収661万円

ご覧のとおり公務員の給与が7年ぶりに引き上げ

国家公務員だけでなく地方もしっかり
県職員:給与とボーナス、
7年ぶり引き上げ−−人事委勧告 /鹿児島

引き上げ
皆さんのお住みの都道府県職員も
今月で軒並み引き上げられてるはずなので気になる人はチェキせよ

いや〜何が信じられないかというと
フツーの庶民の感覚では。とても給料なんか上がるほど景気回復はしているどころか
ますます苦しくなるばかり
そんな状況とは著しく乖離した状況ですが
それもそのはず


実質賃金の低下
14カ月連続の重み受け止めよ


img_ad04b07f3230f5db17a22785732f4ef3120126.jpg
5人以上の小規模な事業所
ようは中小零細も含めたド庶民の景気感覚では
前回の消費増税の97年からずーーーーーっと名目も実質も不景気真っ只中
物価上昇に賃金上昇が全く追い付かない火の車な状況なのに
アベノミクスでは更にそれが加速
そんな大赤字な我々ド庶民から巻き上げた税金で賃上げする公務員様

そんな公務員様のお給料を決める人事院が比較するのは
我々一般的なド庶民ではなく


従業員50人以上の事業所

でして
ようは景気が良い一部の大企業が比較対象
そう、従業員5人以上の大赤字な我々ド庶民ではなく
まさに恣意的にアベノミクスによる恩恵を例外的に受けてる大企業を比較対象にしてまして

今でも地方経済の中心はヒーヒー言ってる中小零細で
そんな大赤字な中小が多い地方は交付金頼みで財政も大赤字
それなのに地方公務員までも人事院勧告により大企業比較で全国一律で賃上げ

まあ、ホントにフザまくってますが
如何にアベノミクスが
一部大企業と
大赤字の地方も含めた全公務員と
その恩恵で私腹を肥やす政治家のためにある

インチキなシロモノか解るというものです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック