マイルドヤンキーと家畜化

最近マイルドヤンキーという言葉を耳にします。
言葉自体は広告代理店の人が作ったマーケティング用語なんですが
ナカナカに言い得て妙であり、ある意味、現代日本の閉塞性を象徴する存在ともいえるので
例によってちょいと長くなりますが、その考察をば

マイルドヤンキー
ようは昔ながらのヤンキーからマイルドになった存在らしく
今や都市部の郊外では一大勢力を築いているらしいのです。
20140512_08.jpg20140512_12.jpg
その定義をば名付け親がテレビで解説してまして
こんな感じ
NCM_0145.jpg
まあ、そういえばいますね(笑)こんな存在
その名付け親によると
このマイルドヤンキー昔ながらのヤンキーと違い親への依存心が強く
生まれた街の半径5km以上からは出ることもない
何かにつけて都市部志向だった昔ながらのヤンキーより緩和された
若者特有の自立や冒険心よりも親や地元への依存心が強い存在で
まあ平たくいえば、ヤンキーの保守化

NCM_0141.jpg
本当に保守的で同じ都内なのに都心にすら出ないほどの地元志向で

54+5+5+NCM_0140.jpg
20140512_20.jpg20140512_29.jpg
その溢れんばかりの地元愛はご覧のとおり

そう、これも現代特有のファスト風土が関係していて

top_map.gif0804-01.jpg
c0116915_23124058.jpg131176340_624.jpg
郊外を走る幹線道路沿いは今やどの都市にいってもご覧のとおり
大規模な郊外チェーン店やショッピングモールの勢力圏下にあり
さながら国道16号チルドレンといった様相

そんなわけで都心へ出ずとも半径5km圏内の郊外店で
生活は全て完結するわけでモールで買い物はもちろん
フードコートでチープながらファストな食事も楽しめ
「イオンは夢の国!」という状態
まあ、そりゃあ溢れんばかりの地元愛が芽生えてもおかしくないってもんですが

そう、コレ、完全に人為的に作られた状況でして
若者が主体的にこういう状況になったわけではないんですね。

現代の資本主義社会では世界的に若者の階層はインターネットなどの
ソーシャルでインスタントな娯楽の発達により
以前よりも飼いならし?というか活動のダイナミズムが失われつつあるのですが
諸外国に比べて日本の政治経済や文化に一切ダイナミズムがなく
閉塞感ばかり覆い被さってる一因に、まさに上記のような保守化が関係しています。

若者の保守化は似たような服装の学生が多い高学歴層でも同じなのですが、
比較的活動のダイナミズムが大きかった低学歴層にまで
今や浸透してきる状況でして

政治や経済が悪化しても
諸外国の若者層だとSNSで繋がりそれなりのカウンターカルチャーを構築し
現実に対してアクションも起こしてるのですが
日本では諸外国以上に社会状況は閉塞してるのに
そういうアクションがないのも上記のような状況が大いに関係してるのです。


まあ、とはいえ昔のヤンキーですら
竹の子族やビーバップな文化に代表されるように若者特有の反抗的な活動のダイナミズムはあっても
社会的な問題意識を共有し解決策を提示する能力も素養も皆無
いつもカウンターカルチャーを担うのは比較的高学歴や高リテラシーな層だったので
そんなカウンターカルチャー的には大きな影響はなく
欧米でも当初はレベルミュージックと呼ばれてた黒人音楽や電子音楽などのシーンは
例外はあるにせよ殆どは日本のヤンキーのような層に集約され貧困層育ちで悪そうな格好はしてても
真に社会へ反抗するというよりも、金ピカなアイテムやクルマに酒や女といった価値観を標榜し
結局のところそういう悪びれたコミュニティ内における娯楽ツールに
文化が成り下がっている状況

その延長線上に日本のヤンキーなシーンもあり
EXILEなどはその典型でしょう。

そんな状況ですから、社会へ対しての反抗心や自立心なんて皆無で
当然、地元コミュニティで小さく生きるには反抗より
長いものには巻かれろとなり、EXILEのように外見とは裏腹に礼儀正しくマイルド化するのは当然
NCM_01522122221112.jpg
それが新世代の保守化したマイルドヤンキーというわけで
保守化した若者の下層を占めていまして
地方や郊外に残る数少ない若者はほぼこういう状況

当然、貧困家庭育ちなので悪化した社会状況を本能的に知ってるわけで
殆どは高卒時に地元の企業へ就職
リスクの高い都会への冒険心も自活志向も低いというか
NCM_0147.jpg
地元という小さなコミュニティ内でとにかく守りに入って萎縮
地元企業から貰う少ない給与で
地元にある郊外店を利用し(働くことも)それなりの暮らしさえ営めれば
郊外店はチェーン店で良くも悪くも全国一律
たとえ小さくても相対的な横並び満足感は得られるというわけ(笑)

まあ、日本人が大好きな横並びでユニバーサルなサービスが
新しいムラ社会や萎縮を生んでるわけです。

上記のように彼らには
日々社会状況が悪化ししても横並びで悪化すれば
全国一律の郊外店で暮らす仲間内の相対的な満足感に変化はないので
社会へ対する基本的な問題意識なんか沸くはずもなく

素養も皆無なので自分で思考する力も足りないままSNS等を流されるように利用し
知らない間にインスタントでマイルドなナショナリズムや全体主義に傾倒していき
サッカーでの熱狂や排他主義は上記のような層が中心にあると思われます。

最近流行りの「外国から見た日本のスゴイところ系」の
自画自賛番組もこういう層のムラ社会的精神性や自尊心を充足させ
作られた地元愛の延長線上にある
新しいマイルドな作られた全体主義や国粋主義へ意図的に誘導させられてるワケ

所謂バカッターなどもそんな層が中心でして
01.jpg
郊外店での惨状は皆さんご存知の通り現在進行形


ただでさえ少子高齢社会そんな萎縮し保守化した若者に
文化的なダイナミズムが生まれるはずもなく
郊外のモールに行けば
360x240_photo1.jpg
こういうシネコンが全国一律であり映画も邦画は
img_0.jpeg
こういうマイルドヤンキーに向けた消費作品が日々生産されていて
(以前よりも驚くほどマイルドでナチュラル?なのが一見できるでしょう)
マイルドヤンキーはここでも作られた小さい満足に収まるわけです。


そんな萎縮し保守化したムラ社会に問題意識なんて生まれませんし
少子高齢社会はますます加速

地方や郊外に残された数少ない例外であるマイルドヤンキーができちゃった婚しても
以前より相対的にはマイルドにされていても絶対的な貧困化は
アベノミクスにより確実に進んでいるので
郊外や地方に残された数少ないマイルドヤンキーは増々萎縮していき
日本全体の閉塞感に繋がっているのです。

そして、それは意図的に作られたものであり
全国一律の家畜化そのものなのです。

マイルドに緩和されてますが(笑)

そうまさに、そこにこそ落とし穴があるのです。
急激な変化なら問題意識も芽生えますが全国一律に緩和されたら・・・
マイルドこそ恐ろしいものはありません。

それに気付いてない家畜化されたマイルドヤンキーがアナタのそばにもいませんか?
いるなら個人的な対抗策としてリセットボタンを押すことオススメするのですが
それ気付くには
社会に対して問題意識を感じる基本的な素養が必要なのが
またツライとこです。

というか、そんな家畜化とは無縁な地に身を置くのも
不便ですが人間性を取り戻すには有効で、ある意味、幸福。

そんな場所へ一時的に避難するのもアリでしょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック