節約すればするほど損をする

最近高くなってきたスマホ料金。

201406262036434e6.png
まあこの国おける3大キャリアの新料金
5GBプランだとこんな感じに8640円で横並び

それだけでフザケタ話ですが最近のご時世を考えると時代に逆行したプランでして
まあ、これが世界的な標準だとしてもあり得ないシロモノ

どういうことかというと

まずは各社なんとかホーダイだのと呼び名付けてる
通話し放題で一見お得に思える2916円横並びの通話定額基本プラン
考えてみてください
今、皆さんの周囲で携帯で通話してる人いますか?

余程仕事で使う人以外ほとんど話してないか
話しててもLINEやスカイプなどのようにインターネット通話を利用したりして
何か切迫した用事がある時以外
ほとんど携帯で通話は利用してないのです。昔と比べて

まあ、こういうのに疎い余程の高齢者等は除いて
今や

通話利用は減ってるのに通話定額2916円
を押し付け
こうなれば事実上の値上げです。
個人の回線負担は減ってるのに固定化された約3000円の料金を押し付け
もう一度言いますが、
どんなに通話しなくても固定化された約3000円の料金押し付けで
携帯キャリア丸儲けです。

まあ、一見すると話さないと損なプランのように思いますが
普通の人ならそんなに話す用事なんかまずないですし、
あっても今やスカイプなどで事足りるご時世
全くもって無駄以外の何者でもありません。

これなら基本プラン900円で従量制の以前のほうが遥かにマシで
時代にマッチしています。

それだけではりません

データ定額プランもそう
皆さん自宅で普通にネットしてるなら、光にしろADSLにしろ
ブロードバンドの固定回線がありWi-Fiルーターを設置し
そこへスマホなりタブレットも接続してるはずです。

そう、今や外出先で余程動画とか見なければ

個人でのモバイルデータ利用は格段に減っているのです。
今各社、うちは何ギガだ!
とデータ定額プランを強調してますが

何度も言いますが、個人宅のWi-Fi利用などで

データ使用量は減っているのに上限設定で5400円
(5GB)

こちらも何度も言いますが、個人のデータ利用は昔より減って
回線負担も減っているのに利用上限設定で5400円(5GB)の負担強制と事実上の値上げ

個人のモバイルデータ利用なんて今やせいぜい1~2GBでしょう。

そう、まさに
節約すればするほど損をする
ふざけたプランでして

コレも各社回線の速度などを自慢してますが
上限があるなら、どんなにスピードが速くても
上限に達するスピードが速くなるだけでなんの意味もないどころか
かえって損なのです(笑)

ほんと本末転倒なバカみたいな話ですが
大体外出先でそんなに高精細な動画みたりしますか?

それなら5~8Mbpsくらいの速度で
ユーチューブで480p程度の標準的な動画が見れれば十分でしょう。

LTEで100Mbpsだなんだなんてたからの持ち腐れ
(もっと言うとスマホの高精細な画面も)

モバイルだと出先でブログ更新用の画像が転送できたり
暇つぶしでちょっとした動画見れれば十分なんで
フルHD画質の動画を観たりするんは稀

5~8Mbpsくらい(もっと低くてもよいかも)の速度で
上限なしのほうが回線負担も少なく遥かに実用的なんですが
MVNOだろうが大手キャリアだろうが
そんなユーザーが得するようなプランは絶対にやりません。

本当にユーザーがモバイルに望むプランと思われるのは
上記のような5~8Mbps程度の速度で上限なしのデータ定額プランに
緊急用の通話がついて月々3000円



2GBくらいのデータ利用上限があっても
繰り越しが6回くらいできて通話込みで2000円

これなら自宅の固定ブロードバンド回線と合わせても月額1万円内に収まりますし
節約も反映されて許容範囲でしょう。

本来なら今の大手キャリアの料金は
上限なしで自宅回線も廃止できる完全定額制なら許容できるシロモノ

事実上、使いもしないのに2回線も高速通信回線を負担してるようなもんなのです。


ホント、一切ユーザーを向かない節約すればするだけだけ損をする
日本の携帯キャリア周りの状況は酷いもんですが
いよいよ我々ユーザーも本格的に見放す時期にきてるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック