象徴的事象

さてさて円安も現在の実体経済を映す数少ない鏡ですが
そんな為替相場とは正反対に実体経済をと乖離してるのが株式市場
今日も急激な為替変動ヘッジなども絡み上げてはいるものの
かち上げしてる為替相場とはナカナカに良い感じの乖離をば見せてますが

この国のマスコミはイケイケ、ドンドンな16000円の大台回復ばかり伝えて
物価に追いつかない給料のような
為替に追いつかない株価の現実は伝えない大本営体制

それを象徴する事象がコレ

ソニー最終赤字2300億円で初の無配へ、
スマホ販売不振

そんなにアベノミクスで景気が良いなら
日本を代表する大企業がなんでこんなことになるんすかね?

今日もマスコミはソニーの個別的事象のように伝えてますが
ソニーはプレイステーション4やXperiaに代表されるように
日本では数少ない海外で競争できる企業だったはずなのにコレですよ

ソニー株が大震災以来の急落、純損失拡大と初の無配で

案の定、マスコミより自分の金が懸かった相場は正直に反応してますが

官製相場に浮かれてる間に
th_P9180003.jpg
どっか〜んといきなり現実を突き付けられる様は
色んな意味で今後の日本経済を象徴してる事象で

あのソニーですら、
世界で戦う輸出企業の代表格のソニーですら
日本におけるイノベーションの代表格であったはずのソニーですら
アベノミクスの熱狂でなく
形ある冷めてドライな現実の前にはこーいう事態になるわけで

th_NCM_0072.jpg

今日も浮かれた相場が終わってから
コッソリと現実をば突きつけてまして
好調なアベノミクスの中
好調な日本企業がなんでこんな事態になるんですかね?

まあ、いかにモノが売れてるか?売れてないか?
アベノミクスの熱狂でなく足元の消費関連の指標やなんかと正直に向き合えば
ソニーのようにドカンと現実を突きつけられずに済むのですが
ギリギリまで現実と向き合わず直前まで浮か熱狂するのもこの国らしい現象

それを象徴し暗示するようなソニーの顛末でした。

FOMCやスコットランドより案外こっちのが重要かもしれないですね。
マスコミや相場はいきなり現実を突きつけられる
その瞬間までガン無視するでしょうが(笑)

あの戦争のように
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック