相場は相変わらず

三本目の矢なきアベノミクスと消費増税により
日々鈍化していく実体経済でありますが
そんなことお構いなしの相場は今後も色々と演出してくでしょうね。

今日の日経平均株価は若干ながら反発してますが
絶対ではありませんが年末へ向けて下手したら1万7000〜8000円
(今のところそんなレベルには到底ないですが)まで
株高を演出してきておもおかしくありません

材料は為替や外部要因や追加緩和期待など何でも良いのでして
為替も同様です。

イエレン議長がそれほどタカ派的な発言をしてないにも関わらず
自分たちの思惑へ近ければそっちの方向へ拡大解釈しドバッ動くのが相場

多くは語りませんが、日本の株式相場もそういう要素が強く
自分たちの思惑へ向けて年金資金なども投入される秋以降
それなりに演出してきてもおかしくないでしょう。

そしてそれは更なる消費増税を目論む安倍政権との思惑とも一致します。

当然、演出された株高が日本の実体経済にとってプラスになるかというと
むしろ正反対ですし
本来なら追加緩和などを催促するなら
相場を下げて政権などへ催促しないとおかしいのですが

実体経済は鈍化してる中、政権唯一の頼みの綱といえば株価

そんなわけで実体経済が悪化したら追加緩和期待などと言って
逆に株価が上がっていくというおかしな顛末になっていて

益々実体経済との乖離が進み最終的には破綻するのですが
相場と政権の短期的な利害関係が一致してるので
そういう狂った状況も成り立つのが今の状況

過度な円安も実体経済には逆効果ですし
ましてやこういう実体経済の悪化を生み出した要因の一つである量的緩和の追加なんか
為替介入と同じ戦力の逐次投入でしかなく

米国以上に失業率も改善してるどころか人出不足なご時世
以ての外なのですが
市場は実体経済より自分たちの稼ぎを生むタマさえ供給されれば
それで良いので勝手にジャブジャブなタマを期待してるというわけ

そして、それは年金資金を食い物にして
売りを浴びせたい海外勢との思惑とも一致するのです(笑)

まあ、そんなわけで
年末へ向けて面白い状況が見れるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック