クロームキャスト 超便利

スマートTV時代と言われて久しいのですが
どれも各社コレといった大本命の映像配信サービスや
デバイスがなくバラバラと乱立してる状況でして
放送波以外のコンテンツ受信の大本命的な可能性を感じる

クロームキャストを購入

5月末に発売されたこのグーグル製のデバイス


その機能や中身は様々な人がレビューしてるのでそちらをどうぞ

同じような製品でAppleTVなどもあるのですが
Apple製品がないと旨味が無かったり価格も割高なので
二の足を踏んでおりました。
そんな中、正直クロームキャストも即買いする予定だったのですが
Huluに未対応だったり
たまたま買い替えたテレビにYouTube機能やらがあったので
しばらく見送ってたのですが
現行スマートTVのあまりの使い勝手の悪さに
ついにポチッとした次第
NCM_0374_R.jpg
NCM_0375_R.jpg
価格も4500円弱とお手軽なデバイス
ご覧のとおり相変わらずパッケージも実にグーグルらしいシンプルさ
NCM_0379_R.jpg
説明書等もなく見開きのコレだけ
本体は大きめのUSBメモリといったコンパクトさ
コレをテレビのHDMI端子に刺すわけですが
NCM_0380_R.jpg
付属品もシンプルでHDMIの接続性が悪い場合に改善する延長コードと
電源アダプタのみ

NCM_0381_R.jpg
自分のレグザの場合
1と2のHDMI端子はブルーレイレコーダーとスカパーDVRで塞がってるので
ゲーム用に開けてる3番目の端子に接続するわけですが
コイツには電源が必要で付属のアダプタから給電しても良いのですが
HDMIポートの上に無線USBキーボードを接続してるUSBポートがあり
クロームキャスト使用になると
ネットでの調べ物や動画検索の際の面倒なキーボード入力操作も
全てタブレットやPC上でサクサクと可能になるので
ここを給電に活用
NCM_0383_R.jpg
結果、給電用のコードも伸ばすことなく良い感じに接続できました。
IMG_20140818_111317_R.jpg
その後の接続法は色んな人がレビューしてる通りなので割愛しますが
スマホでWi-Fi設定ができてアプリが活用できる人なら
何の問題もなくスムーズにいくでしょう。

IMG_20140818_111505_R.jpg
IMG_20140818_111535_R.jpg
当然PC、タブレット、スマホに対応したデバイスなので
自分のようにAndroidタブレットやスマホなど機器が複数ある場合
PC用のプレイストアでアプリを各端末へインストールするのが便利

サクサクとリンク設定すれば専用アプリ経由によって
リビングの大画面で各種コンテンツが
スマホやタブレットをリモコン代わり楽しめて超便利なるわけです。
その辺のレビューも割愛

というか、
以前からレグザに搭載された機能でタブレットやスマホでYouTubeのキャストはできたのですが
IMG_20140818_111808_R.jpg
コイツの特徴ははPCのChromeブラウザのタブごとキャスト可能
コレであの超がつくほど面倒くさいレグザのブラウザ(使った人にしかわからない)からも解放され
リビングの大画面にPCのChromeブラウザ画面を飛ばせるというわけ

Chromeブラウザの拡張機能にコイツを設定すれば
IMG_20140818_111821_R.jpg
ブラウザにこういうアイコンが現れ
IMG_20140818_113317_R.jpg

リビングの画面でウェブサイトをブラウジング!
専用アプリ経由の機能と比べ
内蔵動作でないので画質の劣化は否めないですが
何しろスマートTVのレスポンス最悪なブラウザに比べれば

IMG_20140818_113554_R.jpg
Ustreamなど各種動画やラジオ放送など
ブラウザ上のコンテンツは一応再生できますし実用性は雲泥の差
とはいえ動画はマシンや回線の性能に依存するので
それなりにハイスペックでないとカクつきや音ズレが半端ないので
この機能はオマケ程度に考えてたほうがいいでしょう。

やはり動画は専用アプリ経由がヨシ
Huluなど早く対応して欲しいところです。
IMG_20140818_113743_R.jpg
IMG_20140818_113802_R.jpg
しかも驚くべきはその連動性の高さ!!!
なんとレグザならレコーダー等と同じレグザリンク機器としてクロームキャストが認識されるので

地上波等を視聴中に手元のタブレットで調べたコンテンツやサイトを
ワンタッチでキャストするだけで
勝手に画面が切り替わり楽しめる!!!

この連動性の高さはレグザに内臓された
NCM_0391_R.jpg
NCM_0392_R.jpg
このYouTubeやブラウザ機能よ遥かにサクサクで使いやすく
テレビに内臓されてるこっちの機能のほうが遥かに使い難くく
動画見るのに4アクションくらい必要でしかもモタモタ

外付けデバイスのほうが使いやすいなんて
如何に日本の家電メーカーが文字通り遅れてるか理解できますが
IMG_20140818_114158_R.jpg
IMG_20140818_114431_R.jpg
そんな使えない内臓のスマートTV機能より
こんな2画面機能を使えばクロームキャストによる
ネットのストリーミングと放送波を同時鑑賞したりと
使い勝手は圧倒的にアップ!!!
(以前はYouTubeと地上波の同時鑑賞すらできなかった・・・)
Screenshot_2014-08-18-12-01-02_R.jpg
専用アプリによるコンテンツ再生中はリモコン操作できますが
同時にバックグラウンドで動作するので
テレビで映画を再生しながら手元でネット閲覧なども可能!
Screenshot_2014-08-18-11-11-16 (1)_RScreenshot_2014-08-18-13-46-26_R.jpg
レグザのAndroid端末用のリモコンも併用すれば
スカパーやブルーレイコンテンツの再生以外は
まさにハイブリッドでタブレットで全てが完結

例えばネットラジオ放送を聴きながら
ソファで横になりタブレットでちょこちょこ調べモノして気になる動画があれば
即、テレビで再生
飽きたら地上波放送に切り替えて、ネットで調べものに戻ったり
プレイストアやdビデオで映画もサクサクと検索して
じっくり大画面で鑑賞→続きはベットとか
自分のように防水対応の端末なら風呂で続きを楽しむのも可能
Screenshot_2014-08-18-15-01-09_R.jpg
番組の検索もレグザのAndroidアプリを併用するとラクラクで
予約もカンタン
内臓のスマートTV機能よりこの辺のが余程使えますね(笑)


まあ、そんなわけで
PC、Android、TVと3画面シームレスで便利この上なし

しかも、AppleTVのようにApple製に限られた機器と違い
クロームキャストはApple製品も含めて全端末対応

しかもHDMI端子さえあればテレビの年式やグレードに
一切依存しないので古いテレビでもお手軽にスマートTV機能が得られますし
その価格や汎用性たるや圧倒
グーグル必殺のオープンソースなので
対応アプリなど将来性も高し

そんなわけで、このグーグル製の新しいデバイス
使えないスマートTVを使えるようにする
実にグーグルらしい現実的な製品でして
新しいコンテンツ視聴スタイルの中核を成す戦略的な製品であるような気がします。

いやいや、ホント内臓のスマートTV機能って何?
てな感じなので
とことん使い倒して色々と楽しみたいところ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック