目先は悪いが

ここのところ欧州の実体経済が軒並み鈍化しています。

NCM_0371_R.jpg
最近になってマスコミ等でも色々と言われるようなってきましたが
まあ、これが当たり前というか
世界的に潜在成長率が鈍化してるのは明白でして

米国や日本みたく量的な金融緩和政策やそれに伴う株高で誤魔化すのでなく
マイナス金利など潜在成長率低下に対して比較的真摯に向き合ってるような気がします。

なので足元の数字は悪い分
早めに根本的な対処ができるでしょうし
目先の数字が悪い分大きな反動も少ないうような気がします。

同じように潜在的な成長力が鈍化してるのに
安易な金融緩和や増税をして
目先の株高によって悪い足元を誤魔化すほうが
将来的に大きな反動を呼ぶような気がします。

杞憂に終われば良いのですが・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック