愛すべきデブ

夏になって連日クソ暑いですが

そんな不快さを吹き飛ばすのはPOPなパンクちゅーわけで
今やベテランになったボウリング・フォー・スープも相変わらず愛聴。



やっぱり夏に合うのはこういう
ジャンクでスカッとしたサウンド
本人たちはあいも変わらず、まったくスカッと爽やかでありませんが
それはそれでヨシ


色々と思い入れのあるバンド
夏になると(もちろん冬も)聴きたくなるのは
何故か不明ですが


やっぱり愛すべきデブたちはサイコー

世間的にはクズみたいな存在かもしれませんが
個人的には
色々と陰鬱なコトばかりの世の中をサバイブする上で
そこいら辺の政治家なんかより遥かにインポータントな存在であり続けます。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック