飛んで火に入る夏の虫

こここのところ集団的自衛権などで世界へ羽ばたこうとしてる日本の自衛隊ですが
その前に自国の防衛が穴だらけ

ちゅーお話をば

最近、日本の周辺事態で一番懸念されてるのは
尖閣諸島周辺でのいざこざでありますが

実のところ
中国は本気で尖閣諸島を攻略しないでしょうね。


これは希望的な観測を言ってるわけでなく
中国にとって尖閣諸島は戦術的にも戦略的にも価値がないからです。

ただ、尖閣諸島を利用するとしたら
自衛隊をおびき寄せる餌でしょうね。

そういう意味では戦術的にも戦術的にも多少なりとも価値はありますが
それでも尖閣諸島へ中国が先にちょっかい出す必要があり
戦略上は効率的ではありません。

では中国にとって対日本を攻略する場合
戦術的にも戦略的にも効率的な方法とは何か?


それは何よりも日本が先制攻撃することですが
専守防衛の日本じゃ無理だべ?

と今までは思われていたのですが
最近はそーでもないよーで

集団的自衛権:「危険切迫」で行使可能
 武力事態法改正へ

こんな感じで、
最近はわざわざ日本から攻撃してくれる可能性大

そう切迫した危険ちゅーのを囮で作ってしまえば
正々堂々と正当防衛という大義名分が手に入り
思う存分日本を叩くことが可能

てなワケ

まったく間抜けな話ではりますが
その間抜けな安倍政権が想定してる切迫した危険

それは
テポドンのような固定式のミサイルへ液体を燃料注入するような行動が
衛星などにより確認された場合

切迫した危険ちゅーことで先制攻撃する

てな感じ

そう、裏返せば
そのミサイルへの燃料注入さえ囮にすれば
真珠湾攻撃のように反撃の大義名分が手に入るわけでして
PN201303130100CI0003.jpg
実のとこ
今や中国はもちろん、北朝鮮ですら移動式のミサイルが主流

Dnepr_inside_silo.jpg
衛星から位置や動静が知られる固定式サイロのミサイルは
主力ではなく余程のことがない限り使わないでしょうし
固定式サイロでもテポドンミサイルのように
ロケット発射の如くバレバレな液体燃料サイロなんか使わず
埋没式のステルス性のあるやつを使うでしょう。

そう
如何に集団的自衛権が間抜けで役立たずか理解できますが
その間抜けを利用しながら本気の弾道ミサイルは温存しつつ
日本の先制攻撃を引き出すために

敢えて目立つ固定式サイロでそれらしい仕草をするのは大いに有効でして
仮に日本が勇み足で先制攻撃してくれた場合

まさに飛んで火に入る夏の虫


国際社会全体へ日本の先制的軍事侵攻をアピールしながら
有効な反撃手段がない戦力を思う存分発揮できるわけで

中国の場合
核ミサイルが有効なのですが
まあ、反撃手段としてはやり過ぎの感があるので
img_3a7f0e7380088ebffc891466a28de17d264808.jpg
実際に有利なの反撃手段は
核ミサイルと同等の戦略的な有効性がある
巡航ミサイルによる飽和攻撃でしょう。

ご覧のとおり
中国が弾道ミサイルでなく

トマホークのような巡航ミサイルを多数放った場合

日本が防衛するのは非常に困難

事実上イージス艦や早期警戒機などで24時間態勢で監視するしかなく
仮に探知したとしても
中国が100~200発超の飽和攻撃を仕掛けてきた場合
イージス艦や地上配備のミサイルでは物理的な限界があり

いくら速度が遅い巡航ミサイルとはいえ海上スレスレを多数で飛行させれば
かなりの戦果が見込めるでわけで
都合よく海岸線に乱立する原発などを目標にすれば
通常弾等でも戦略的なコストパフォーマンスは絶大

でして、この巡航ミサイル攻撃は艦隊にも結構有効
YJ12-101502_copy1.jpg
こういう長射程な大型の巡航ミサイルなども開発してるようですが
巡航ミサイルのパフォーマンスを最大限に活用するプラットフォーム
それを中国が導入するとかなり脅威でしょうね。

やっぱりそれは
SSGN

SSGN-Missile-8x10.gif
対地型だとトマホークを多数搭載するアメリカの改造オハイオ級や
対艦型だと巨大なグラニート巡航ミサイルを搭載するソ連のオスカー級が有名ですが
22~4発の弾頭ミサイルSSBNを改造して100発近い巡航ミサイルを搭載可能なSSGN

中国の場合上記の通り
SSBNよりはこっちのほうが有効活用できそうでして
submari9.jpg
現在あるこのSSBNをSSGNに改良し巡航ミサイルを多数搭載させて
日本の近海へウロウロさせるだけで
わざわざ外洋へSSBNで戦略パトロールするより
戦略的に美味しい目標は多数

地上配備の巡航ミサイルとのコンボも期待できますし
地上配備より近海からの攻撃は距離も短くなり有利
arsenal2.jpg
こんな数百発規模の発射プラットフォームと割り切った
アーセナル艦を作ればかなり有効でしょう。
米国で構想されたコレ
有利な使用相手が見つからずお蔵入りとなりましたが

こういう思想の船は近海へ戦略的な目標が多数ある
中国海軍が最も有効活用できそうな気がします

イージス艦が同時攻撃可能な目標は最新のでも16目標
日本のイージス艦なら12目標がせいぜいです。

つまり地上配備の巡航ミサイルに
近海のSSGNやらアーセナル艦から数百発規模の巡航ミサイル攻撃を仕掛れば
日本が配備してるイージス艦や地上配備ミサイルの数では
物理的に反撃は困難

それでもコストパフォーマンス的には攻撃するほうが有利なのです。

目標探知も原発や自衛隊設備などの地上目標なら余裕ですし
自分から盛大に電波を発するイージス艦はもちろん
水上艦艇なら衛星や警戒機や潜水艦から十分に探知可能でしょう。

あとは中国海軍上層部が
その単純な数の論理の有効性に気付いてるかどーかですが
今や間抜けなことに先制攻撃すら日本が仕掛けてきそうな時代

日本の自衛隊の幹部より狡猾な上層部がいそうな気がしないでもないですが
高価なハードウェアへ過信した戦術には
案外とこういう古典的な戦術が有効でして

その大きな穴は塞がずに
外へ出ることばかり考えた挙句
ついには敵を利する間抜けぶりでして
集団的自衛権なるシロモノが
どれだけ防衛戦略上でも役立たずか理解できるというものです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック