値上げの7月

さてさて官製相場で株価もアゲアゲなよーですが


あいも変わらず死角ナシで加速度的な上昇を見せているのが

コチラの物価

政府は想定内?のようですが
増税で冷え込んだド庶民の消費を更に節約に走らざるを得ないのは必至

ボーナスや給与が増えた一部サラリーマンはともかく
ド庶民とってこういう食料品のコスト上昇は結構アレでしょうね。

そういう意味では集団的自衛権より切実な問題でしょう。
物価は

今後はイラクはおろかウクライナも危機が再燃
益々エネルギーや穀物の価格が不安定になるのが懸念される夏

政府や企業や市場関係者は7~9月の第二クォーターは景気回復すると
更なる増税へ向けて楽観視してるようですが

一部大企業のボーナスや昇給だけで、どこまで回復できるのか?
ただでさえ電気代で生活コストが上がる夏
ない袖は振れない多くのド庶民がどう立ちまわるのか?

2014070101_03_1.jpg
まだまだ値上げの夏は始まったばかり
来月以降もご覧の通りの値上げラッシュ
この先には携帯電話の基本料も値上げも控えていますし

実に興味深い夏の幕開けです。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック