異常という名の日常

え~~~国威発揚の祭典が地球の裏側で行われていますが

極東では国威発揚の国民世論醸成のための空中戦が
モノ知らない自分の頭で考えられない国民の上空で繰り広げられています。

つい数日前は

防空識別圏へ中国機が異常接近とドヤ顔で喧伝していた日本政府ですが
以前も話した通り、この中国機の行動は
領空でなく防空識別圏という公空?上で起こった事態であるのを考えると当然の行為

自分はこの時点で気付き半ば呆れ気味でスルーしてたら



中国側が自衛隊機接近の映像を公開

で、自衛隊は「今回の映像ではない」と苦しい言い訳をしてますが
それこそが日本の自衛隊機も以前から日常的に異常接近した何よりの証拠

あのねえ自分は中国の味方をする気は一切ないですが
こういうコトから戦争は始まるのです。

141035a2.png
大体、防空識別圏とは領空でもない空域で
お互い勝手に引いた線であり
今回の事件はまさに両方にとって中立な空域でおきた事件

領空侵犯なら異常接近するまでもなく問答無用(日本は違いますが)で
ミサイルを撃つのが常識
安部総理の言うように国際法?に照らせば(笑)

ですが、領空でない公空?である防空識別圏
中国戦闘機も問答無用でミサイル撃つわけにもいきません。

しかし、相手は非武装とはいえ
489f97f2.jpg

偵察を目的とした立派な軍用機
牽制及び警告のために接近するのは何ら異常な行為でもないですし
日本の自衛隊機もやってる日常的な行為。


それを世論醸成のために
敢えて異常接近とミスリードし、それを中国に突っ込まれたという話し

日本側の「今回の映像ではない」という反論にもならない言い訳は事実でしょう。

033dbd63059f943b2e603b455f036124.jpg
しかし、中国側の映像には当然日本同様国益上のバイアスはかかっているものの
ハッキリ日本側が言う”異常”接近する
日の丸がついた自衛隊のF15が映っているわけで

日本側が日常的に”異常”接近してた事実を物語る証拠

ようは、前から日常的に接近してた

お前が言うな

というのが中国の言いたい真意なのでしょう。

そういう意味では中国の言うことにも一定の正当性はあります。

それは
「そんな事実はない」
という尖閣ビデオの時の中国と似た
間抜けで苦しい言い訳をする防衛相が証明しているような気がしますし

中立な視点から見ると
日本側の異常接近をアピールする行為のほうが余程
日常に異常な火種を撒く行為。

それが異常というなら

日本の自衛隊機は防空識別圏や領空へ侵入した他国の軍用機へ
何の警告も牽制もせず、ただ遠くから見てるのでしょうか?

自分からミサイルも機銃も撃てないのに

何のためにアラート待機してるのか?
遠くから眺めるためか?
接近し警告、牽制したり退去を促す行為は一切しないのか?
b145c687a9fc7b9d8abeffbcf6e5763d.jpg
マッタク間抜けな話しですが

そんな平和ボケ?した日本の日常が異常なだけで
国際的には偵察行為をしてる軍用機に対する場合
領空でない公空上では手が出せない以上、ギリギリまで接近して警告し
退去を促すのは自国の国益上正当な行為とまでは言いませんが
少なくとも日常的な行為に思えるのですが

どーもこの国の政府は自分たちがやってる日常的な行為も
異常に仕立て上げて火種を撒くのが好きなようで
大本営発表化したメディアしか知らない
自分の頭で判断できない国民は益々そういう世論醸成に流されていくでしょう。

先制攻撃できない平和憲法下の今でもここまで国民をミスリードすべく暴走するわけです。
日本政府というシロモノは
米国が平和憲法で縛った理由がよく理解できますが

とにかく事態は
あの戦争の前に似た非常に危険な状況。

個人的にはもう一度あの満州事変をリサーチしてみたいと考えています。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック