買い物系+移動系+じぶん銀行

さてさて何かとコスト高なご時世
ハードコアで現金レスなニートライフにおける
新たなライフツールとして期待を寄せているauウォレット

その使い勝手を更に強化するサービスがスタート
じぶん銀行、auユーザー向けの特典プログラム
「プレミアムバンク for au」を提供


いや~~~au系のじぶん銀行から新サービスのauウォレットへチャージが便利なのは知っていましたが
その肝心なじぶん銀行口座周りがATMの手数料など使い勝手がアレだったわけで

l_st_jibun-01.jpg

今回の新サービスはその辺の懸念がauユーザーなら完全に解消され、更に期間限定でチャージもお得
う~~~ん現状打てる手は全て打ってきた感じで
auのやる気を感じます。

ATMタダに振込みタダですよ。いやいやいや
今までは個人的にスルーしてましたが、じぶん銀行始まりましたな。


これでauの料金を始めとした現金レスな生活コスト全般の基本予算は
スマートフォンやらタブレットやらで管理がしやすいじぶん銀行で行い
懸念だった各種公共料金支払いなどは手数料無料のATMをフル活用すればどーにでもなりますし

os_auwallet101.jpgos_auwallet106.jpg

生活における買い物に使う予算はauウォレットへ専用アプリでらくらくチャージすればヨシ

しかも

KDDIが提供する電子マネーサービス「au WALLET」にじぶん銀行からチャージをすると、
5000円以上で5%相当の金額を増額する。上限は月10回まで。期間は2014年5月21日から12月末まで。

と、お得でして
更に来月末まで初回チャージは上限25000円ですが10%還元

まあ、そんな感じで自分のように電子マネーやクレジット決済を常用してる人間にすれば
このお得な還元で消費増税や円安などで増えたコストを軽減できてヨシ

ay_kddi02.jpg


そんなauウォレット電子マネーやクレジットカードと違い
事実上のMasterCardプリペイドといえまして
じぶん銀行周りの改善により割り切って使えば長期的にも便利に使えそうな予感

つまりクレカやデビットカードと違い
事実上のMasterCardプリペイド
ガソリンスタンドなどで利用出来なかったり弱点もありますが、その辺は物理的なインフラというより
色々と手続き上の問題なので今後改善を期待したいとこですが
まあ、将来的には制約の少ないMasterCardデビットカードも視野に入れつつ
敢えてポイント優先で割り切ってるような気もしますが

ガソリンやデビットカード云々以前に
現状、FeliCa決済がメインの日本のインフラどっちにしても移動には
ダウンロード

こういう交通系の決済カードや決済端末が必要でありまして
改札などで決済は速く便利なのですが
SuicaやらワオンやらEdyやら各自別々な縦割り行政的でポイントシステム的にアレ

現状は、現金レスな生活を目指しても
日本独自のFeliCaシステムからは逃れられませんし
auウォレットとは別にSuicaやガソリン代用のクレカとかとの併用は必須

59.jpg
なので、じぶん銀行で専用アプリやATMや振込手数料無料などを駆使して生活費を管理

ay_kddi03.jpg
買い物用の予算はMasterCardプリペイドである
auウォレットへサクサクとチャージして、ポイントサービスなども活用し現金レス

Suica3.jpg
で移動系には別途Suicaやガソリン代用に現在使用中のクレジットカードなどへマニーを分配
個人的にはこのへんが落とし所で便利な予感
ATMがタダで使えたりするので、マニーの分配作業もどーにでもなります。

つまり、現状は現金レスでも
auウォレット、移動用決済カード、じぶん銀行キャッシュカードと
3枚のカードが必要になるわけでして
この辺も日本のガラパゴスで複雑な決済やポイントシステムの弊害といえ
デビットカード化で1枚は減らせますが
FeliCa系から逃れられず
その他ポイント系カードとも入れた複雑さは皆さんご存知の通り
まだカード3枚で現金レスな生活が送れるならマシなほうでしょう。
(ツーリング用に専用のお財布でなくカード入れを買う予定)

これに更にEdyなどのおサイフケータイやらワオンやら電子マネーや
更にTカードやらPontaカードやらポイントカードも加わると
ホントわけわからん状態でサイフパンパン状態(笑)

そう、そんなガラパゴス化した日本の決済やポイントシステムの先をauウォレットは見ているのでしょう。
Suicaを始めとして多くの電子マネーやおサイフケータイが採用する
日本独自の決済システムであるFeliCaを敢えて採用せず
世界的なスタンダードであるクレカやNFCを採用してるのも戦略的かつ現実的

というか、これは先行試験的な意味合いもあるでしょうね。

キャリア系決済カードやという新しいジャンルへの開拓
他のキャリアが差別化のために
より制約がなくキャッシュカードにもなる
キャリア系のデビットカードを出してくる可能性もあり
その過渡期への先行試験なような気もします。

au的には制約はありますがポイント還元的に現金化が難しい分
色々と有利なプリペイドでユーザーや他社の様子を見つつ反応次第では
制約の少ないデビットカードへの移行をするつもりなのかもしれません。
(その場合ポイント還元がネックになるような気もしますが)

しかし、世界的にスタンダードなカード決済システムと比べ
統合が難しくドメスティックで長期的な戦略へあまり関係ないといえるのがFeliCa
img_user04_13.jpg
もはや通信キャリアであるauですら
所謂電子マネーやおサイフケータイへ見切りをつけた何よりの証でして
日本独自のおサイフケータイの普及も頭打ち

使い勝手の良いマネーカードのほうが遥かに重要でして

さっきも話した通り、長期的な視野でも見れば
世界的にインフラが普及した決済手段であるクレカと
orange_quick_tap_nfc_hands_on_sg_12-580x443.jpg
今後長期的な視野で普及が見込まれる(相当時間がかかるでしょうが)NFCさえあれば
当面はどうにでもなるという判断なのでしょう。

それより複雑化したポイントサービスを統合してスマホ等でスムーズに管理
ユーザーへバリューも還元しつつ囲い込みもできればそっちのほうが
ユーザー的にもキャリア的にも現状はベターというわけ

そんな感じで色々と高コストで大変な時代
生活費や遊興費を資産とは完全に別途
月毎、つーか、週毎に細切れ管理してるハードコアなニート的には
ナカナカに現実的で戦略的な判断をしているじぶん銀行にauウォレット

電子決済の新時代へ向け、先行的に仕掛けてきたわけで
現状は使い分けが必須ですが
今後はより使い勝手が良くなるよう色々と楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック