沖縄ラティーノ ディアマンテス

さて、たまにはパンク以外の音楽の話題
いや~毎度毎度言ってることですが
日本のムラ社会と付き合っているとお財布どころか
精神まで貧しくなってしまう今日このごろ

今もNHKで貧困にあえぐ女性のルポをやってたり
ここ奄美大島も含まれた鹿児島での国政選挙では既得権益志向の候補を選択したり
まあ、そんなこんなで
ハードコアなニートのようにムラ社会より世界的?な志向を持つ人間にとって
ますます生き難い世の中をサバイバルする上で
狭く貧しい(精神的に)価値観とは距離を置くことが肝要

そんなハードコアなニートは奄美に居ても
鹿児島より沖縄志向

もっと言うと日本より海外志向



そんなどよ~んとした暗くて貧しくなるばかりの日本ムラ社会から
完全に解放させてくれた上に

ドメスティックで伝統的な島人気質と
大航海時代からのワールドワイドなラテン系の気質
そんな異なるアイデンティティを両方満足させてくれるのは
やっぱりディアマンテスしかいないわけで

以前は麗美など個人的にツボな沖縄アーティストの話をしましたが
ディアマンテスもそんな存在

ムラ社会と一人で戦い道を切り拓いた野茂選手のテーマなどで
一瞬だけメジャーになった時期もありましたね。
そんな意味でもなんか色々と象徴してるような気もしますが


いや~やっぱり間抜けのアイデンティティは
日本人であると同時に島人
鹿児島なんかより、断然に沖縄ですよ沖縄

そこいら辺、当選した候補とは正反対

つーかスペイン、いや貧しくとも精神的に豊かな?キューバと同じラテン系志向

パンクもラティーノをガンガンに聴いたりしますが
こういうガチ?で純粋なラテン音楽はやっぱり
精神的な貧困から解放してくれて
難民的な境遇でも文化的に生き抜くタフネスさや本当の意味での癒やしを与えてくれます。


日本的な価値観を否定する気はないですが
もはや日本ムラ社会と向き合うと貧しくなるばかり

ハードコアなニートの精神的な志向は
沖縄ラティーノ
完全にこっちに方面へシフトしてきてますね(笑)


とはいえ島人としてのアイデンティティは揺るぎ無し

で、ありますが
いや~本当に小さい既得権益なんかよえい
ワールドワイドな価値観が求められる激闘の時代



沖縄ラティーノ
ディアマンテスの歌は時代で疲弊した身体を真から癒やし
大きな展望を与えてくれる最高の子守唄

そんなわけで世界へ飛び出し真に豊かになる日が来るのを信じて
アスタマニャーナ!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック