ムラ人

人間が人間であるための条件とは何か?

まあ、言語を使う道具を使うなど色々とありますが
個人的に

社会

を構成することが人間性の頂点だと認識しています。

その社会もみんなで仲良く暮らすなんて単純なシロモノではなく
むしろ最も複雑で、同属で固まる動物や集族をも超えた
多様性を認め
感情を基にしたムラの掟の代わりに
理性を基にした法律を駆使する現代社会こそ
人間が人間であるための"社会性"の頂点といえるわけです。

と、いっても民主主義の皮を被ったこのムラ社会で
こんなこと言っても理解できる人間は少ないでしょう。

大金持ちですら
いや
大金持ちほど社会性とはかけ離れた
原始的で動物的な"ムラ人"が多いですね。

b1cad632.jpg
そう同属同士で固まる
その行為こそ動物的というか
動物は自然淘汰が働き本能のまま生きているので自然ですが

同属同士で不自然に固まり
自然淘汰も働かず一部の世代や人間が縄張りを独占し
差別し合うその様は
まあに原始的な集族そのもので
今や動物にも劣る社会性とはかけ離れた存在である何よりの証明なのでして


社会とはそんな同属や家族で固まるためにあるのではなく
多様な価値観を認め合う社会的に"自立"した個人同士が
税金を納め合い法律でルールを決めて相互扶助していくシステム

一人で生きられない人間という存在だからこそ
家族にすら頼らず
"人間"が人間として生きていくには必須なシステムなのです。

x220602-0 (2)
そんなコトも理解できず
ある種欲望や本能の赴くままに生きて
多様な価値観を認めず
同じような格好したり同族で固まっている地域ほど
他所に依存してたりするものです。

この島国もそーですし、その更に僻地のこの島もそう。


そう、今の時代

同族で固まるより多様な価値を認めて
相互に依存し合うほうが遥かに人間として自立していける時代なのです。

まあ、この国や隣の国には
まだまだ理解できない事柄なのかもしれませんが
移民排他とかそういう次元でなく
単一民族国家として生きていく上でも、多様な価値を認め
国際性を持つことこそ

人間として社会性を持つこと同義なのです。

それが嫌なら原始的なムラ人として
エネルギーも全て自給したりして生きていくことを選択するべきですね。


自分はゴメンですが(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック