インチキに沸く島

え~~~~~ここ奄美大島は連日

21世紀枠によるインチキな甲子園出場に沸いております(笑)
その実力とはかけ離れたお情け的な甲子園出場を喜ぶメンタリティが
全く理解できませんが

奄美群島の高校野球に関しては上からの目線のマヌケ
トーゼンでありまして

一発勝負で純粋な実力勝負の夏の大会にける
奄美群島勢最高位は我が母校である喜界高校が記録しておりまして
プロ野球選手を二名も輩出しておるのであります。

そんな母校を持つ身
たまたま、秋季大会の成績から選考で選ばれた
実力が伴わない甲子園出場なんかとても喜べるシロモノではなく

選考メインのセンバツの中でも
更にインチキで、その判断基準は

部員不足、天災、施設面での困難を乗り越えた学校、他校の模範となるマナーを実践したチームなどを評価。

という

もはや野球の実力とは何の関係もないお話(笑)

それが21世紀枠による甲子園出場なんですが
ここまでくると恥ずかしくすらあります。

まあ、その恥という概念を意識するのが普通の人間のメンタリティ
でも
恥を知らないこの国やインチキな議員が牛耳るこの島の人間は違います。

IMG_20140307_154549.jpg
このポスターと横断幕の対比こそが
今や日本有数のインチキな島らしいインチキなコントラスト(笑)


まあ
sponichin_20140219_0007_0.jpg
兎にも角にも

内実とはかけ離れた
実力が伴わないインチキが全開の世の中


恥という概念を意識するようにしないとですね。

恥知らずなインチキは人間らしく生きるためにも
教育的にもヒジョーによろしくありません。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック