ついに出た対価

いや~~~今日はハードコアなニートが過酷極まる労働へ従事した
約1ヶ月への対価が支払われる給料日

で、結果から言うと
朝から晩まで過酷に働いた日当

NCM_0333.jpg
6500円ナリ(笑)

もう一度言いますよ

6500円
IMG_20140228_150056.jpg


いや~~~~~日課のチャリも思わずズッコケる
凄まじい低賃金労働

時には土木現場と同じ作業をフルタイム
つーか、朝もはよから休日返上で
社長夫人のクソババアに監視されながら、ユンボやダンプをフルに駆使して
動かねー監督やジジババや新人より倍はフル回転で働いてコレですよ。

え~~~もはや
高物価に怯えながら3度の飯の心配をすることなく
勝手にインチキな現場代理人にされ役所相手にドキドキする心配もなく
土日も休んで労働力もラクに再生産される

刑務所のが完全にマシ


つか、その労働すらしないで済む分

生活保護のがマシ


いやいやいやいや、さすが日本トップレベルの生活保護率を誇る奄美大島の労働環境

つかねえ、給料日も最高でして
現場が終わった夕方18時頃、事務員すらいないクソボロな事務所に
労働者が全員集合し
偉そうでクソバカな社長から手渡し

自分はとっととオサラバした身なんで
真っ先に手渡しされバイバイできましたが
他の労働者は皆、周囲が暗くなるまで社長からグダグダ、ネチネチとご高説

その様は
まさしく完全に奴隷そのもの(笑)

そんな光景、今時ないですよ。

全く最低な労働環境は最高の収穫
まさにこれが奄美大島における労働環境の現実そのもので
その水準はおそらく日本最低レベル。

全く呆れるばかりですが、それが現実だから始末が悪いのでして
額に汗した者が報われる?
ジョーダンじゃない!

アベノミクスちゅーのが、以下にインチキなシロモノなのか?

インチキな代議士が牛耳っていた奄美大島の労働環境が全て物語っています。

そうそう、インチキといえば
NCM_0330.jpg
インチキなバイク屋から
新たな相棒もようやくマトモになって
2ヶ月ぶりのご帰還♪(こっちもどんだけだよ?)

今度こそは大丈夫そうで、近々そのインプレでもしたく思っておりますが
その前に身体を休めながら、大収穫だらけの
アベノミクス最前線の現実をインプレしてく予定であります。


しっかし、現実は凄まじいもんで
どんな理論やご高説よりもド底辺にはいつも真実が転がってるから
面白いわけで

今回も金銭的には全く報われない潜入活動でしたが
マニーなんか最初から期待してないハードコアなニートによる
実証社会実験は大成功でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック