ひとりぼっちの反乱軍

ハードコアなニート生活は寄り道して労働編に突入し
社会の再ボトムへ潜入中でありますが、まあ現実は想像を絶するレベルでして
まあ、よくよく考えればすんげ~コトばかり(笑)

でも、コレ正真正銘の現実なんですよねえ。

そんな21世紀初頭の腐った現実を生きる
戦後日本の高度成長期の最ピーク'である'80sと90sで育ったハードコアなニート

今、思えば荒廃した世界観を描いた
こんなハードコアなマンガやマッドマックスのような映画などありましたが
まさか現実がそれをも遥かに追い越すとは思ってもみませんでした(笑)

なんか最近はそれを実感しておりまして
飼い慣らすための中途半端な自由や豊かさが溢れ
ブラックな労働環境や腐敗が陰湿に蔓延る今こそが
世紀末よりふざけた時代の真っ只中
そこでサヴァイヴしていくのは正真正銘のタフさが求められるから困ったもんでして

懐古趣味は大嫌いですし、アニメ趣味もないのですが
夢や希望も完全にブチ壊れ若者達すら保守化しまくってる今と違って

昔はこういうアニメや漫画やゲームなども
ストレートな夢や希望に溢れておりましたね。

ドラゴンボールやドラゴンクエストの世界観はその頂点でして
超サイヤ人はある意味パンクアイコンの究極形態ですね(笑)

うーん、日本史上
最悪の暗黒期だと認識してる今

正反対の夢や希望に溢れた時代で育ったのは
非常に大きな意味があるように思えましてそのギャップを楽しんでおります(笑)

そうそう、あの頃がまさに文化的なピークでもあったよう思います。
少年ジャンプも今とは比較にならないくらいメジャーな存在で凄かったですもんね。

アベノミクスやらクールジャパンやらやってますが
一億総中流のメジャー感だった
あの頃の勢いには絶対に敵いませんね。

まさか世紀末でもないのに
漫画やゲームを超える現実が訪れるなんて思いもよりませんでしたが
あの頃の勢い溢れる豊かな文化で育ったパーソナリティが今になって役だっているように思います。

正真正銘の勇者や賢者になるために(笑)

そういう意味ではパンクロック同様
あの頃のメジャーな文化の影響は大きいような気がして
オッサンになった今、非常に感謝しております。

腐ってイカレタ時代をサヴァイヴする
ひとりぼっちの反乱軍として(笑)

Welcome to this crazy Time
このイカレた時代へようこそ
君はtough boy
まともな奴ほど feel so bad
正気でいられるなんて運がイイぜ
you, tough boy
時はまさに世紀末
澱んだ街角で僕らは出会った
Keep you burning 駆け抜けて
この腐敗と自由と暴力のまっただなか
No boy no cry悲しみは
絶望じゃなくて明日のマニフェスト

※We are living
living in the eighties
We still fight,
fighting in the eighties

どこもかしこも傷だらけ
うずくまって泣いてても
はじまらないから tough boy
どっちを向いても Feel so sad
だけど死には至らない
気分はどうだい? tough boy
ここは永遠のロックランド
拳を握りしめ僕らは出会った
Keep you burning 駆け抜けて
この狂気と希望と幻滅のまっただなか
No boy no cry 進まなきゃ
勢いを増した向かい風の中を
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック