長生きも考えもんだ。

え~朝からこんなこと書くのもアレですが
最近は色々と自分の死について考えておりまして

今朝も行きつけの憩いの場では老人がたくさん。

まあ、実に結構なコトだと思うのですが、それはあくまで一般論
いや、一般的に考えても

長生き=善

という一般的な概念がグラグラに揺らぐ時代が近づいています。

よく考えて見てください。

例えば人間が医療の発達により150歳まで長生きしたとして
その子供世代はだいたい130歳
孫が110歳
ひ孫が70歳

その下の世代からようやく現役世代
実に4世代に渡って年金や医療や介護を
言葉は悪いですが、食いつぶすコトになりまして
社会的には実に恐ろしいお話

いやはや、100年安心とか言ってますが
人間ひとりが100年も安心で長生きしたらグラグラになるのが社会や社会保障なのです。

一人の現役世代で4世代ですよ。
コレ他人も含めてませんからね(笑)

人間が長生きしたら、社会は間違いなく完全崩壊します。


だから共有や共生という社会的な概念が益々重要なのですが
今の人間はご存知の通り
他人の子より自分の子
てな同族意識をむき出しにする社会

扶養義務!とか自己責任!とか言いながら
長生きして富を独占するために同族意識を剥き出しにしてる人々

そんな存在こそが誰よりも社会の恩恵に預かってるわけでして
そんな人々が標榜する長生きも社会破壊の一環だと認識しましょう。


動物は心臓の鼓動が一定回数過ぎたら自然と死ぬようになっていて
縄張りなど有限な世界で自然に次世代へ交代するプログラムがなされてるようですが

同じ世界に住む人間だけが
医療により不自然に長生きしたら、ど~なるか?

IMG_20140121_092200.jpg

それは、この国の社会が全て示しています。

借金天国で増税天国の根本原因のひとつが、不自然な長生き
(不自然と書いたのは人間社会でも過去に自然に世代交代してる時代があったから)
それなのに今の社会では長生きした老人を祝福したりしてるんですから
まあ、このマヌケ以上になんとも間抜けなお話ではりませんか(笑)
社会が押し潰されるので笑いドコではなく

誰よりもハードコアな社会主義者の自分は死兆星を掲げてお迎えを待っているのですが
その不自然な行為がいけないのでしょうね。
ナカナカお迎えがきません(笑)

でも、割りと本気で病気や事故などで早く死んだ人々を羨望の目でみてたりします。

ただ、自分で自分を殺める不自然で愚かな行為には一切それを感じませんが(笑)

そんな、人間社会のためにお迎えを待つ日々
今のところしばらくは続きそうです。ハア
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック