ムラか?社会か?

ハード・コアなソーシャリストのマヌケ

今日もファッキンな街へ繰り出し大人の社会見学をしながらコレ書いてます。

さて、そんなアベノミクスの好景気なんか何処吹く風の奄美の街
まあ、社会ちゅーより

村、いや、ムラ
ですね。
そう、ついこのまえ
”社会”を”家族”化して壊す人々のお話しをしましたが
それは日本全体の問題でもあり、まさに
正真正銘、日本最大級の社会問題なのですが、特にこの奄美のおいては顕著

その象徴というのが、そう日本を震撼させた

torao.jpg

この爺さんが率いる、徳洲会とそれを取り巻く
いや、それを生み出した奄美の同族意識とムラ社会

NCM_0170_R.jpg
ポンコツの我が家の目の前
約1分の場所にも、こんな奄美最大級の本拠地的な総合病院がありまして

まあ、重宝してる
と言いたいこところですが、健康診断以外は病院に殆ど行ったことのないマヌケには
まあ、何の恩恵もなし

わざわざ総合病院のある街へ引っ越す人もいるのに
まあ、なんともアレなお話ですが
このポンコツな街での利用者は殆どが年金生活の老人
それが日本の医療の現実なのですが、その問題はいずれ掘り下げていくとして

今回はこの同族性溢れるムラ社会(社会という言葉を使うのもアレですが)が生み出したモンスターと
その諸問題を考えていきましょう。

まさにマヌケが考えてる社会革命ちゅーより
家族や同族より社会を優先した真の”社会”を実現するのにも直結するお話であります。

takeshi.jpg
さて、現在、奄美を牛耳るのはこの坊っちゃんでありますが
それはこの坊っちゃんの実力でも何でもなく

ズバリ言えば

親が築いた権力を譲り受けただけのお話

そう、本質的には
imgres.jpg
この坊っちゃんと何ら変わらないわけで

それを象徴するように胡散臭いカネが飛び交う
賄賂社会が全開でありまして

医療の前に生まれや育ちで全然平等でない
腐れ社会が進行中

社会より同族や家族を優先したら
こんな腐った社会が大完成!

てなもんでして

まさにその原因こそ、奄美に渦巻く同族意識そのものなのであり
そのモデルケースこそ奄美群島のムラ社会

コレに気付いてる人間がどれだけいますかね?

まあ、いないでしょうね。
だって本人自身らには何ら悪気もないどころか
むしろ善い行いをしてると信じているのですから

CIMG4615_R.jpg

事実、今もこのマヌケの住処のポストには頼みもしないのに
こんな機関紙が日々投函され、地域社会へ浸透しまくっています。

確かに僻地医療など、善の側面はあるでしょう。

ですが、その善が
社会を通じて実現されないと
どーなるのか?

いくら善でも、社会でなく同族を優先して行うと
どーなるのか?

そう、その瞬間から近代的な人間社会では悪に変わるのです。

その顛末は徳洲会か完全に証明していますから
もはや説明の要はないでしょう。

勘違いして欲しくないのは、奄美の同族意識や同族性を否定してるのではないということ

それを否定してるなら、こんな同族意識と生活保護者が溢れかえる
日本で一番面倒くさい場所で自力でサバイバルなんかしていません。

その同族意識を誰より知っていて、
臭くいえば愛してるからこそ、
その弊害が目に余って、その同族意識へ敢えて反抗し
わざわざ日本で一番面倒くさい場所で自立なんぞ実行中なのです。

結の精神とか、なんとか
別に同族意識を発揮するのは多いに結構なのですよ。

酋長などが支配する昔ながらの原始的な共同体なら

それへ原点回帰するなら、むしろ応援したいくらいなのですが

今は皆さんご存知の通り、ムラのオキテの代わりに
法律が治め同族のためでなく赤の他人のために税金を収める
近代的な社会で生きていて

補助金や交付金や社会保障という、近代的な社会の恩恵に
日本トップレベルであずかっているのは
まさに、この奄美の社会なのです。


そのことを認識することこそ

まさに家族や同族を優先するムラ社会から
同族より他人を意識する近代社会へ転換することなのです。

これは日本全体の問題で、その先進?地が
まさに同族意識溢れる、ココ

奄美のムラ社会なのです。

マヌケがハード・コアなソーシャリストを名乗って
標榜してるのも伊達じゃないわけでして

はやく同族より他人を思いやる
真の”社会”を実現して欲しいものです。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック