セルフ・コントロール

昨日はこのマヌケなりの相場観のコアをお話しましたが、チト補足

これから本当に大事になってくる核心、コアな事柄は
市場が上に行くとか下に行くとか

そーいうお話でなく
シンプルに言えば、自分との戦い。

ようはセルフ・コントロールでして
それは相場と向き合う場合はもちろん
日常生活でも今後は重要になってくることでして

昨日話した事柄は、今後のアベノミクス下をサヴァイヴァルして行く上で
各自が今後必要になるであろう
「自分のコトは自分でやる」

その補助にでもなればと思います。

ようは

今後のアベノミクスは

上にいくか?
下にいくか?

それも非常に大事ですが、それに対する認識がもっと大事というコト

そう、今や誰もが上に行くほうがトレンドだと思いますが
昨日も話した通り

実はここから上に行くほうが、長い日本経済の実需やトレンドからは
大きく乖離して行く無理のある不自然な国策相場なのでして

逆に言えば、上行くか?という進路を予想することより
その認識のほうが遥かに重要になるのです。

この「トレンドへ反する」バブルのフェーズ入りしたという認識がないと
こっから相場が上に行った場合
引き続き日本経済はアベノミクスによる上昇トレンド?に乗っていく!

という認識になりまして
最終的には大怪我するリスクが非常に高まるのです。


バブルは過去の例を見ても分かる通り
いつか必ず弾けます。

そしてその弾け方は実態と乖離すればするほど激しくなります。

そう、むしろ今後のアベノミクスでは
このターニングポイントより上げるほうが

トレンド転換

なわけで、それを認識せよ!

というコトが何よりも重要なのです。

これ、本当に大事なお話ですよ。

そしてもしトレンド転換があるなら
ここからの新しいバブルのフェーズは日本経済が未だ経験したことのない
全く新しいフェーズで、その副作用は激しくなるということ


そう、それを認識したら
より重要になるのが徹底的な自己管理能力。


相場に対して逆らうコトなく自然に対応していく
投資におけるリスク管理はもちろん

労働によるマニーの入手や生活の難易度は、
仕事は少なくても生活が楽だった民主党時代の円高時代よりも

期間工のような非正規雇用ばかりが増えて、物価高や増税により
生活が圧倒的に厳しいアベノミクスのほうが
厳しくなっていきますので、実に重要になっていきます。

とても、楽観的に消費していく余裕なんか無いのですよド庶民的には
あのバブルの時ですらそーでしたからね。

非正規雇用が増えた今より目立ってなかっただけで

そう、この局面で下に行くほうが
むしろ縮小していく日本経済の実需を反映した自然なトレンドなのですが
こっから上に行くほうが、圧倒的に不自然なトレンド転換

その認識さえあれば、不自然な時代をサヴァイヴァルしていく上でのヒントとしては充分

あとは、各自セルフ・コントロール!

自分との戦いですよ。

ド庶民を本気で殺しにきているアベノミクス下で生き残るために
ガチで言ってますからね。このヒントは

まあ、アベノミクスに負けて野垂れ死のも一興

それもある意味、自然なコトで
そっちのほうが幸福ともいえます。

ただ、自然死である野垂れ死には良いですが
自分で死を選ぶような
ここ数十年日本の圧倒的なトレンドである自殺みたいな敗北だけは絶対に避けたいところ

この大事なお話
こんな腐った時代にこんな糞みたいなブログを読んで頂いている皆さんへの
せめてものお礼ですね(笑)


そんなお話でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック