ガチで熱いぜ!WEC

個人的に今やF1より大注目のモータースポーツカテゴリがWEC



2013年も熱かったのですが、2014年以降は本格的に面白くなりそうな予感。

1920-1080.jpg
最終戦も終わり、アウディに完敗した2013シーズン
なんとかトヨタは有終の美を飾ることができましたが
CIMG4285.jpg
今年色々と課題が見えてきましたね。

と、日本車の課題の前に
WECの最大の魅力であり醍醐味といえばテクノロジー競争

最高峰のLMP1クラスはハイブリッドシステムを始め
今やF1より面白い開発競争が展開されていて
もはやメーカーの威信をかけた最先端技術の実験場の様相
ロボコンなんか比べ物にならないほど技術的なオタクにとっては面白いコンテンツなのです。

そんな面白いWECココにあるように
同じハイブリッドシステムを持つマシンでも

アウディとトヨタでは全然アプローチが違います。
まずベースのエンジンも

アウディは3.7リットルV6ディーゼルターボエンジンで
トヨタは3.4リットルV8の自然吸気ガソリンエンジン

ハイブリッドシステムも駆動方式や回生方式や蓄電方式など
アウディとトヨタではまるで違いまして

駆動方式ですが
アウディがクワトロという名の通り、
前輪がモーターによる駆動で後輪がエンジンという
audi_sub02.jpg

4輪駆動なのに対して

トヨタは後輪のみというF1に近いアプローチ
racing-hybrid-01m.jpg

キャパシタなど優れたハイブリッドシステムを持ってるトヨタですが
racing-hybrid-02m.jpg

このF1的?なアプローチが足かせになって
アウディに差をつけられたような気もしますが
自然吸気エンジンに後輪駆動という
F1的なアプローチをしてくるのもトヨタの個性

でもねえ、コレ
今やF1にはなくなったメーカーの"個性"が楽しめるWECならでは
2014年からが更にレギュレーションが楽しい方向へ変更になるので

このF1的な個性を貫くのも、ガチでアウディに対抗して4輪駆動にするのも
自由にメーカーが選択できてガチな技術競争ができるのもWECの魅力

そんなWECのLMP1クラスの2014年のレギュレーションのキモのコピペ

【ターミナルエンジン】
*4ストロークピストンエンジン。
*マニュファクチャラーエンジンは排気量自由。ターボ圧は4バールまで。
*プライベーター用エンジンは排気量5.5リッターまで。
*エンジン出力はホモロゲートされた燃料計によりコントロールされる。
*エアリストリクターの廃止。可変吸入システムの使用が認められる。
*燃料インジェクション圧は自由。
*燃料は第二世代E20バイオ燃料
*ディーゼルかガソリンエンジン
*中長期的スパンで水素や電力などの他のエネルギーに転換可能なこと。
*高価な素材やシステムは禁止される。

【エネルギー回生システム】
*サルテサーキット1周あたりの出力0-8MJの5カテゴリーに区分けされる。
*システムは測定され得る限り自由に規定される。
*システムの基数は1台あたり2機まで。
*システムはシーズン毎にホモロゲートされる。シーズン中のアップデート、カテゴリ変更は認められない。

いやいやいやいや。コレは熱いですぞ~~~~~
今時、排気量無制限(ワークスの場合)!!!!!!!!!!
このご時世にリストリクターによる馬力制限なし(燃料計?で制限)!!!!!!!!
ハイブリッドシステムのモーター出力の大幅向上!!!!!
燃費の制限はハード!!!!!!

という、さまに往年のルマンや開発競争がフリーに近かったF1のようで
メーカ同士で自由度の高いガチな開発競争が期待できてゾクゾクしてきます(笑)
そのくせ燃費の制限とか往年のルマンらしいですし
いや~ハイブリッドシステムの種類も基数も複数化されて最高!

F1も来年から回生方式が複数化されましたが
そう、この自由度の高いレギュレーションに大きなメリットがありまして
それは後ほど

T8R81741-300x200.jpg
そして2014年からは、いよいよポルシェが復帰!。



いや~~耐久レース界の巨人が復帰してきてワクワクが止まりませんが






そのマシン開発も順調に進んでるようで
注目すべきはそのハイブリッドシステム。

排気量や形式は不明ですが、なんと4気筒の直噴ターボ!がベースエンジン
うーん、これは過給ダウンサイジング化が主流の現代モータースポーツ界の流れに合致するだけに
排気量など、その詳細が非常に気になります。

F1エンジンも小型化されてきてるので、
小型の過給器エンジンか?大排気量のNAエンジンか?
後輪駆動か?4輪駆動か?

など技術的な見どころは満載でして
そうそう

F1も2014年から大きく変わりますが
これもWECにとっては大きく影響のある変更

中でもエンジンが1.6リッターの直噴ターボになって
エネルギー回生システムも
ブレーキなどから運動エネルギーを回生する従来方のシステムと
新たに熱を回生するシステムが加わり2本立て

システムも限定的に稼働してた従来方式と違いハイブリッドシステムに近い感じ

で、燃料の流量も燃料の搭載量も制限

これで最大流量ではレースにゴールできなくなり
より燃費に配慮したレースが予想され
よりエコで耐久的な要素が増加

そう、これ2014年以降のWECのレギュレーションとほとんど差異なし

つまり、F1に参戦してるメーカーが
より自由度の高いWECへF1の技術をベースに参戦が期待できるのでして

実際に

ホンダ、2014年のLMP1用に新型V6ターボエンジンを開発
20130809-honda_v6.jpg
F1へ復帰するホンダもLMP1用のエンジンを供給する予定
(F1でなく2.4リッターのインディがベースのようですが)

ホントに2014年からのWECは自由度の高いので
F1をベースにした参戦も十分に可能

で、嬉しいことに
フェラーリ、F1エンジン転用によるLMP1参戦を示唆
いやいやいやいや、16年以降のハナシとのことですが
これは熱いです。

ホントにフェラーリだけでなくF1で戦える技術があれば
その転用は可能ですからねWECに


しかもWECはより耐久的な要素が大きいので
ハイブリッドシステムなど市販車への技術的なフィードバックがF1より非常に大きく

F1が最速ドライバー決定戦なら
今後のWECは技術力ナンバーワン決定戦の様相を呈してきていて

ポルシェが出るなら、F1に出てるメルセデス・ベンツだって黙ってないでしょうし
ベンツが出るなら、ホンダやルノーだって参戦可能ですし
ジャガーだって黙ってないでしょうし

まあ

本当に激アツなコンテンツになる可能性は十分にありまして

今のF1のシートを探している
この人も
小林可夢偉がケータハム?!

DSC_1046-300x200.jpg
もうね
下手にF1の下位チームへ行くより
フェラーリLMP1参戦を見越して
今のWEC参戦チームとのパイプを継続してたほうが良いような気もしますが・・・。

いずれにしても、メーカーによるガチな開発競争が見られそうなWEC
車社会には距離を置いてるマヌケですが
その車社会の行く末さえも左右するような技術開発が観れそうなコンテンツのWEC

観るというのも、エコで新しいモータースポーツにとっては需要なファクターですし
金持ちなメーカーには今後も激アツなお楽しみくらいは提供して欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック