信用しろってのが無理

汚染水の影響が完全にコントロールされブロックされてるのは
安倍総理大臣のドヤ顔の言動で周知の通りです。

そんな安心安全でコントロールされブロックされてるはずなのに
それを証明するどころか覆す汚染水トラブルが頻発してるのも
周知の通りなので、ここではスルーします。


そんなわけで以前も言ったとおり
基本的の日本人及び日本社会を全く信用していません。

それを証明するのが、まさに上記のような顛末の数々

水産物「輸入規制は不可避」と韓国 撤回要求に反論

過剰反応と言われてる
韓国のこの反応も自分はマッタク過剰反応とは思いませんね。


「科学的な根拠がないから、過剰反応だ!」

とか日本政府は言っていますが、これは貿易における信用の問題であって
商取引に科学的な根拠なんて必要ないのです。

そんなモノが必要なら

賞味期限も美味しく食べられる期限でなく
安全に食べられる期限を定めた安全期限みたいなものになっているはずですし

今でも食品の安全を科学的な根拠だけで判断し商取引なんかしてないのです。

もちろん食品関係の安全基準や規格はありますが
商取引でそんなもの何の根拠にもなりませんし
信用を判断する単なる要素の一つに過ぎません。

日本は偉そうに言ってますが

給食に福島米 親たちから猛反発

実際には、これが現実なのです。

風評被害だ!

と言ってる本人たちがコレなら
誰が信用するでしょうか????

福島県漁連、
試験操業を再開へ…16魚種限定で


で、更に信用ならないのがコレ

完全に港湾内で影響がブロックされてるはずなのに
何で今更、試験操業なのか????????????????

以下に驚愕の事実を

試験操業は「底びき網漁」で行われ、本来は水深50メートル以深の沖合で操業するが、放射性物質の影響を考慮して30~50キロ・メートル以上沖合の水深150メートル以深とする。対象魚種は、安全性が確認されたミズダコやケガニなど16魚種に限定する。



港湾内で完全にブロックされてるはずなのに

30~50キロ・メートル以上沖合


影響は完全にブロックされるはずなのに

放射性物質の影響を考慮

本来は水深50メートルなのに

水深150メートル以深


え~~~~~~~~~
これは一体何なのでしょうか??????????????????

あのねえ
港湾内500メートルで完全にブロックされてるはずなのに
なんで30キロなのか???????

せめて警戒区域の半径20キロとかならまだ解りますが

なんで完全にブロックされてるはずなのに
30キロも離れた場所
試験操業なのか????????????????

警戒区域の20kmだって住む場合を考慮した値のはずで
漁業程度なら余裕で入れるはずです。
まして港湾内で完全にブロックされてるなら尚更


なのに30km離れた場所で試験操業なんて

福島の魚は
まだ危険です。


と自ら証明してるようなもものです。

こんなので信用しろというほうが無理ってもんで
信用してほしいなら
今すぐ福島原発周辺10kmの海産物を本操業して
築地でガンガン消費するべきですね。

それができない以上、信用されないのは当然です。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック