2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

こじき!ルンペン!ホームレス!

 【03//2013】

このマヌケのライフワークというと大げさですが
まあ、人生において10番目?くらいに気合入れてやろうとしてるのが
この日本社会の底の底

ド底辺に喘ぐ人々の匂いやその生きる様を
この身をもって感じまくり、できれば記録していくコト

昨年末はエライ目にあって、潜入記は中途半端な形で頓挫していますが
頭ン中には、未だ鮮明に日本社会のド底辺の様が記録されてるので
ご心配なく

さて、それはさて置き

地方は今、アベノミクスによる実感なんぞ
何処吹く風で不況に喘ぎ、疲弊しまくってると言われます。

確かに商店街は軒並みシャッター街になり、街を行く人も
シケた面で貧乏臭い奴らばかりウヨウヨしています。

でもねえ、じゃあ昔

そう、一億総中流と言われたバブル期や高度成長期には
そんな貧困とは無縁だったかというと

自分の記憶ではそーでもないですね。

というか、喜界島というド辺鄙な土地でも確かに
高度成長期はある程度、物質的にも豊かな暮らしをしてたように思います。

ですが、それと同時に「ルンペン」や「こじき」も居て

そのクソッタレぶりは、はっきり言って、今の比ではなかったように思います。

そう、一億総中流に隠れて目立ってなかっただけで
今よりも貧困層は酷い暮らしをしてたカモ。

だって酒瓶持って、昼間からフラフラ酔っ払って
ヒゲがボーボーの汚い格好のおっさんに追いけ回された記憶がありますらね(笑)

とーぜん、ガキの間でも「ルンペン」という呼称で呼ばれてたわけで
今は逆にいますか?

そう、見るからに汚い格好のルンペンや乞食的なド貧民は
目立ってませんが

逆に今の貧困層はより平準化し、以前より
フラット化して目立たない感じになっているように感じます。


まあ、その辺はいずれ考察するとして

ルンペン

$ブロゲリラ BLOGUERRILLA
懐かしい響きですねえ

今じゃこんなの言葉
こんな誰も見ないクソブログじゃ言いたい放題ですが
街で言おうものなら、看護婦というワード同様、白い目じろり
すぐに人権派がすっ飛んできそうです。

でもねえ、ホームレスなんかより
よほど馴染み深いですね。

ルンペン

田舎にも居ましたもん、ルンペンが(笑)

そんなコトしたら、将来ルンペンになるよ!

とか言われたなあ。

上記の写真は愛川欽也の古き良き映画ですが、
観てみたい映画上位に来ている未見の作品

いやあ、昔の上野駅周辺にはこんなルンペンばかりだったんでしょうねえ。
今度また関東へ行きますが、
色々と「ルンペン」や「こじき」のリアルも個人的にリサーチしてみたいトコ

でねえ、何かと差別的に扱われる「こじき」や「ルンペン」

そんな人々へ真っ向から問題提起するルポライターさんがいまして

それこそが村田らむ
御大でありまして。


$ブロゲリラ BLOGUERRILLA
こじき大百科という

そのものズバリなルポを発売し
見事に発禁、自主回収の憂き目に遭うも



$ブロゲリラ BLOGUERRILLA
懲りずに出した
コチラの方も見事に発禁

という、まさに
上辺だけで取り繕い本質から目を背け続ける
クソッタレな社会に真っ向から挑み続けるスバラシイお人

ココにブログもありますし
ツイッターもあるのでフォローせよ

$ブロゲリラ BLOGUERRILLA
見よ!

このテレビじゃまずお目にかかれない日陰な存在を
でもねえ、世の中の真実はこういう日陰にこそあるのです。


そしてこういう日陰を人権や差別だとかいって
覆い隠すコトが多いですが
目を背けずに見ると、よほどヒューマンライクで
実に人間社会の本質を捉えています。

その本質を覆い隠すコトこそ、本当の差別だとマヌケは考えてますが
世間じゃ、汚い!だの、かわいそー!だの
言われまくるでしょうし、この記事から目を背ける人も多いでしょう。

まあ、本質から目を背ける人々には、どんどん目を背けてもらって
本質を見極める少数派に向けてコレを書いてますし
自分のライフスタイルもそれをトコトン実践してやろうと考えてます。


ルンペン、こじき、ホームレス

この日陰者から絶対に目を背けず、真正面から見据えて
社会の本質と今後も対峙していってやりたいとトコであります。


そして、今日は
村田らむ御大が懲りず×2に出す

ホームレス大博覧会の発売日!!!!!!


現実から目を背けない本質野郎は心して買うよーに(品切れ臭いけど(笑))!!!!!
スポンサーサイト

Category: 日本社会潜入記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

プロフィール

Author:Hiraku Kamishima
奄美大島在住。
自由と平和。故郷の平穏な風土の存続を願っています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム