2017年05月23日の記事 (1/1)

やることやるだけ

この南の島の身近にも愚かなる戦前回帰の軍靴の音色が加速度的に近付いてきました。
全力で棒に振った身。

th_IMG_6472.jpg
自由と民主主義と平和な暮らしを守るべく
反省しない前科者の群れ相手に投獄覚悟で出来る限りの事はやりますよ。
じっくりとね。
別に逃げも隠れもしないですし、この時代に思想犯なんて名誉も名誉。
秩序を盾に自由と民主主義を弾圧する権力者の手先なんざ、こっちが説教してやるくらい。

拷問死?どーせ地獄行きな身。
民の自由を奪い肥やしにしてる悪党に殺されるなんざ
有り難いことこの上なしで閻魔の酌量まで得られて願ったり叶ったりですよ。

中国が攻めてくる?そもそもこんな老人ホームのような国や島。
リスクを冒して攻める価値もないですし、仮に戦っても補給線が全て水路や空路に頼る国。
昔と違って勝てる相手ではないですよ。断言します。
向こうが先制した時に時限的に防衛できるくらいで
全面戦なら物量では大差。質でも今や補えるレベルではありません。
核も合わせれば完敗でしょう。

自国は日々衰退し困窮していく状況なのに
脅威を煽って無駄な軍事施設だけ作っても標的になるだけ。

まあ、その場合、他国が攻めてくるのでなく
またこの愚かな国が先制攻撃し反撃される時でしょうが・・・。
その時になって始めて気がつくのです。あの戦争のように

それ以前に軍事車両が走り回り自分らの生活の安寧が脅かされてるのに
井の中の蛙は盲目的に無自覚なまま他国の脅威を信じるしかないのです。

その他国は日々繁栄してるのも知らずにね。
というか、その繁栄のオコボレを貰おうとしてる情けなさ。
そんなカルトな盲信と裏腹の二枚舌。
卑劣な利害関係でしか自我や体制を保てない国民性なんですからね。
今も昔も。だから相応の報いも受けるのです。

好きで生まれた時代でもないですし、生まれた以上は
少しでも平和で豊かに暮らせるよう自分に出来る限りのことを粛々とやるだけ。

先は見えてるのですから。
スポンサーサイト