2017年05月14日の記事 (1/1)

梅雨の合間に

奄美大島は梅雨入り。
th_20170514-IMG_5612.jpg
その合間の日曜日の午後。山下達郎のラジオを聴いた後にママチャリでブラブラ
野良犬は例によってデジカメの修行も兼ね街の底の匂いをクンクンやりにきた次第。
th_20170514-IMG_5603.jpg
公園にはエエ感じにたんぽぽ。
th_20170514-IMG_5602.jpg
でもガキンチョとグランドゴルフ大会のご老人たちの向こうのお山は
相も変わらず霞んでます。th_20170514-IMG_5609.jpgth_20170514-IMG_5610.jpg
この辺にはエエ感じに文化的オブジェクトがありまして
心の中でもダンス、ダンス。
th_20170514-IMG_5618.jpg
港をブラブラ。
日曜日なので埠頭はご覧の通り釣り大会。
th_20170514-IMG_5627.jpg
対岸から見た埠頭。
一時期よりはマシですが、相変わらず霞んでますな。
th_20170514-IMG_5628.jpg
th_20170514-IMG_5631.jpg
チャリでブラブラする時の定番ロード(我が街は殆どの歩道をチャリで走行可)
海の上を走るんで気持ち良いです。

ママチャリならチトキツイですが
前かごに色々と入れられるんでやっぱり超便利♪
最近は入門デジイチにWズームキットレンズの望遠1本のみという機動性重視スタイル。

街ぶらする時はコレがベストですな。
どうしても広角側で撮りたい時は常に携行してるコンデジで補えますし
不意の被写体は個人的には圧倒的に望遠のほうが多いので
このスタイルが色々とベストくさいですな。

カメラ本体を上位へグレードアップしてもしばらくコレで修行するつもり。
th_20170514-IMG_5641.jpg
th_20170514-IMG_5642.jpg
そうやってお手軽野良犬スタイルでブラブラやってると、
こういうアッキード並に真っ黒で野良な野鳥が梅雨の合間の水溜まりで行水してる
貴重なショットが撮れたりするんですな〜

野鳥週間ですが、これぞガチで野良な野鳥でしょう(笑)
気持ち良さそうでしたよ。ホント
th_20170514-IMG_5648.jpg
幹線道路の脇には百合も咲いてたりして
これもチャリならではのショット。
th_20170514-IMG_5657.jpg
相変わらず住処前の入日は霞んでます。
そんなわけでスカッとする夏はまだまだ先な感じですが
ボチボチとやっていきたいところです。ハイ





スポンサーサイト

醜く居座ればこそ

まっ黒いのに逃げまくって隠しまくって
自我の無い国民性による支持率が高いからって権力の座に居座るのは良いですがね。
スクリーンショット 2017-05-14証言台
自称誠実な権力者がタダで済むと思ったら、あの戦争と同じく大間違いですよ(笑)
大好きなサムライ精神とは正反対に醜く居座るからあの戦争のように破滅まで長引くわけで
何度も何度も言うように、終わらせたいなら潔く政権側のキーマンも籠池のオッサンと同じ証言台に立って
その潔白をとっとと証明するだけで済むのです。
スクリーンショット 2017-05-14 めちゃくちゃ
それができない以上、どんなに高い支持率で居座ろうと
国家を私物化したこの真っ黒で科学的にも完全に有り得ない
むちゃくちゃな疑惑は永遠に晴れませんよ。


墓穴
じっくりと外堀りを埋めながら動かぬ証拠が眠る墓穴を掘り返されるだけ。
機が熟するまでジワジワとしつこくね。それは長いですよ〜
ルサンチマンを晴らそうと焦ってる野党側が思ってるよりもね。
僕は誰よりもそれを知ってるつもり。

2020年だろうが、その後だろうが何年かかろうが関係ナシ。
言っても無駄で熱しやすく冷めやすい国民性はあの戦争で証明済み。
この国民性の根幹に関わる問題はワイドショーなポピュリズムブームで消化して、
ハイ次!で済ませようとするでしょうが。。。でも、それでは済みません・

支持率が高い段階で淡々と破滅的な事実をジワジワ突きつけるのが一番でしょうな。今度も
当然ながら戦前回帰な今度も全く反省は期待できませんが(笑)

それもこれも醜く居座ればこそです。
というか、今仮に下克上な世直しする価値があると思ってるなら
相当に自己評価が高過ぎです。

市場から何から何までインチキに公私混同する連中だからこそ
ババな椅子にしがみ付くしかないのです。
正攻法じゃ立て直せる能力もないですし、そんな連中がやりたい放題したせいで
もはやこの国には立て直す余力もないですからね。

権力者が潔かったらさっさと終わってます。黒い公私混同もあの戦争も。