2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

火傷するのは射程内だけ

 【12//2017】

先制攻撃するのは大いに結構ですけどね。
やるなら最初で確実に仕留めとかないと後が大変ですよ。

ノドン射程距離
何しろ撃つ場所によっては十二分射程距離内。

2013-03-08-k007.jpg
いくら液体燃料とはいえ移動式。
闇夜に強襲するにしても全て確実に仕留めないと
相手には正当防衛が成立しますし、自分らから追い込んだのですから
世界最強の米軍に喧嘩売られた四面楚歌の独裁者は何の迷いも躊躇もありません。

どーせ死ぬのは確実なんですから。

ミサイル配備数1
ミサイル配備数2
その分母は日本を射程に収めるだけでも200。
核弾頭数もご覧のとおり。
韓国を射程内に収めるスカッドに至っては500以上。

この分母を初撃で減らさない限り、ミサイル防衛による花火大会での撃ち漏らしリスクは高まります。
万が一撃ち漏らした場合、弾頭の種類によっては甚大なる被害は確実。

しかも先制攻撃による反撃になりますから、いくら独裁者とはいえ
主権侵犯に対する正当防衛という大義名分が成り立つので、
反撃には弾頭の種類も躊躇せずに核弾頭など大量破壊兵器から優先的に使用するでしょう。
サリンなどの化学兵器も無論。

しかも過去に核攻撃を受けた前科者が相手なら尚更、躊躇はしません。

目標も不十分なミサイル精度や弾頭数や威力を考慮して
日韓問わず大都市は無論、沿岸の原発など
発射場所から最大限の被害を与えられる場所を優先的に選定するでしょう。

砂漠とは違い地形的にも先制攻撃は厳しく
リスクを考えると幼稚でない通常の政権では判断が難しい先制攻撃なんですが、
ジョンウンやシンゾーより支持率が低いレームダックなトランプ政権的には関係ナシ。

ご覧の通り、米国本土を狙う一桁の数少ないミサイルさえ破壊できれば対岸の火事。
スクリーンショット(2016-11-18 141)
まして右傾化して自分から火に入る韓国や日本が火の海になろうが、
トランプ的には知ったこっちゃないわけで
それどころか貿易赤字の相手が2つも減ってラストベルトの支持率も回復で大助かり。

何しろ最大の貿易赤字国である中国には喧嘩売れませんから、
支持率の減ったトランプ政権的にはどっちに転んでも
目の上のたんこぶ同士自滅し合う最高の展開で大したリスクはナシ。

前線や米軍基地で軍人が死でんも所詮は軍人ですし米国内世論には何の影響もありません。

そんなわけで、やるなら、どこまでやるか?
見ものですね。

ミサイルよりもその後の泥沼なゲリラ戦やテロリスクのほうが
個人的には色々と大変なような気もします。

スポンサーサイト

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自分で考えろ

 【12//2017】

th_CIMG4581.jpg
アンダーコントロールな大本営発表時代。
ネットから大手メディアで正しい情報なんぞ受動できませんよ。

個人的に足と頭を使ってリ、サーチ。

th_CIMG4564.jpg
利己優先で無思考な国民性に国家神道という
天皇を頂点に据えた国家ぐるみで洗脳するカルトで全体主義な教義が
どんなメカニズムで浸透したのか?

実に参考になる本でして、一億人が総家族と嘘っぱちに洗脳した明治維新後
th_CIMG4562.jpg
一億総家族で洗脳した一般国民を尻目に特権階級の座に居た
華族のアルバムを見てたら和洋折衷なちゃんぽん麺で揺れる
民族的な自尊心がビジュアル的に確認でき
そんな特権階級の儀礼的な自尊心を満たすために急ごしらえで利用されたのが
皇室とゆかりのあった神道であるのが容易に想像できます。

いいですか、明治維新以前の日本人は無宗教でもなく
庶民の間では仏教徒やキリスト教など宗教はそれなりにあったのです。

神道は宮廷等にしか縁のない一般庶民には比較的に傍流なアニミズムであり、
実際に明治維新後の大日本帝国でも国家神道とは別に
仏教やキリスト教の宗教は憲法で信教の自由が保障されています。

宗教は私的活動。「国家神道」というのは更に上段にある
国家を背景にした公的な祭祀活動。

どっかの公私混同国家より公私の区別をつけてたわけで
だからこそ、洗脳もスムーズも進んだのです。

宗教者や高学歴者など
思想にしろ宗教にしろ自分たちで色々概念を考える人達は
無思考な国民と違い弾圧されたら黙ってないですからね。
明治維新前は神道より各種宗教のほうが主流だったんですから

今や高学歴者でも思想概念的には無思考な時代。
利己主義を背景に明治維新後の戦前回帰な洗脳は更にやりやすいでしょう。

そんなわけで、今日もじっくりとリサーチし自己思考中です。
その詳細はいずれまた。

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

フリーエリア