2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

史上最大の逆転劇

 【06//2017】

いや〜〜〜〜〜スーパーボウル観ましたか?
SNSも遮断してるんで、じっくりと史上最高のゲームを楽しめましたよ(笑)

th_CIMG4086.jpg
色々と激動するこの国を上げてのお祭りですからね。

対戦するのはAFCチャンプのニューイングランド・ペイトリオッツと
我らがグリーンベイを破ってNFCチャンプになったアトランタ・ファルコンズ

ブレイディ率いるディフェンスがナンバーワンのペイトリオッツ
ライアン率いる畳み掛けるオフェンスが主体のファルコンズ
IMG_20170206_080229.jpg
こちらの2人もご覧の通りひいきのチームが別れてまして
自分は我らがパッカーズを破った同じNFCのファルコンズを若林さんと共に応援。

まさに総合力ではナンバーワン同士の頂上決戦。

死闘が予想されたわけですが、前半は1Qこそお互い大舞台で手探り状態だったものの
2Qからライアン率いるファルコンズオフェンスが炸裂

ライアン〜フリオ・ジョーンズのホットラインに
フリーマン&コールマンのランも炸裂しつつ空いた穴へライアンがパスを通し
ハドル無しでテンポよく畳み掛ける、まさにパッカーズ戦で見せたいつもの怒涛の展開。

手負いの我らパッカーズはミスで自滅しましたが
ペイトリオッツは活きの良いファルコンズのディフェンスラインに
パスプロテクションが完全崩壊。
ブレイディにプレッシャーがかかりまくって、まさかのサックやインターセプトを連発
(なんと1試合ブレイディへ5サック)

th_CIMG4105.jpg
3rdクォーターでこの25点差

ここまでくれば完全にモメンタムはファルコンズ。

TDを返されるもブレイディへサックを連発し次のドライブはFGに留め16点差
同点には2TDで2ポイントコンバージョンが2回が必要という
4Qゆっくり時間をかけてランでドライブしていけば楽勝モード
なんですが・・・肝心のRBコールマンが負傷

なーんか嫌な予感がする中
それまで保ってたファルコンズのパスプロテクションの隙を突きアジャストしてきた
ペイトリオッツ得意のディフェンスが炸裂しQBライアンがサックされファンブル
まさかのターンオーバー
これで完全にモメンタムがペイトリオッツへ流れ

フィジカルよりも戦略も含めたメンタルが重要なNFL
ここからまさかの展開が始まります。

前半あれだけ活きよく奮闘していたファルコンズディフェンスラインも徐々に消耗
その分ペイトリオッツのパスプロテクションに余裕ができはじめるわけで
こうなるとNFL屈指のQBブレイディとHCベリチェックの真骨頂
バシッとTDを決め更に2ポイントコンバージョンも決めます。

モメンタムに乗り更にNFL屈指のペイトリオッツのディフェンスも
前半あれだけ好調だったライアンのオフェンス
時間をかけるべき時に焦ってパスを投げるそのドライブを止めるわけで
(アトランタもフリオのミラクルキャッチがあったのですが
負けるチームというのは時間をかけるべき時に焦ってパスを投げFGすらとれない)
th_CIMG4112.jpg
会場も沸きに沸く中、浮足立つファルコンズディフェンスの隙を冷静に狙う
老獪なブレイディのパスがバシバシと炸裂し
歴史的なミラクルキャッチも飛び出し、93ヤードをゲインするミラクルなドライブでTD追加!!
またまた更に2ポイントコンバージョンも決め

th_CIMG4092.jpg
な、なんと、ついに同点でスーパーボウル史上初のOT
これもモメンタムなのか?コイントスの運も良く

ペイトリオッツの先制攻撃でOTも
前半の奮闘とまさかの同点でスタミナもメンタルも切れたアトランタに
もはやブレイディを止める力は無し怒涛のドライブであっという間にサヨナラTD

th_CIMG4098.jpg
10点差以上の逆転劇は無いスーパーボウルの歴史や
「春日の呪い」も解除する大逆転劇。
th_CIMG4095.jpg
いや〜〜〜〜この2人も大興奮な凄い試合でした。
あのアトランタのオフェンスを止めての歴史に残る逆転劇ですが
まあ、ブレイディとペイトリオッツの強さは散々語られてるんで、置いといて

ハイライトでも如実ですが
冷静に見ると来シーズン以降、アトランタに対峙するであろう我らパッカーズなど
他のNFCチームにもヒントというか、あのノーハドルで畳み掛け
平均30点以上は稼ぐ強烈なオフェンス力や活きの良い総合力も30点以下に抑え
老獪なモメンタム変化で翻弄すれば、十二分に逆転できるのを証明したわけで

この辺がライアン率いるアトランタの脆さというか穴ですね。

なんで、老獪さではブレイディに負けないロジャース率いる我らパッカーズも
負傷なく総合力を整えミスさえなければ十二分に戦えると思われます。ワハハ

そんなわけで劇的というか、歴史的な逆転劇で幕を閉じたNFL

ファルコンズもこの試合を消化するのは大変でしょうが、乗り越える壁ができたわけです。
というか、超えてもらわないと困ります。
我らパッカーズや若きカウボーイズなども
態勢を立て直し成長してくるであろうはずですし、来シーズンもNFLは楽しくなりそうです。



スポンサーサイト

Category: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フリーエリア

プロフィール

Author:Hiraku Kamishima
奄美大島在住。
自由と平和。故郷の平穏な風土の存続を願っています。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム