2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:時事・政治・経済 の記事リスト(エントリー順)

潔いのはどっちだ?

 【26//2017】

文科省トップだった地位を天下り斡旋の責任をとり潔く辞めて
堂々32
堂々と出てきて喋る人間と、


関係していた
ここまで啖呵切ったのに
地位に恋恋としがみつき尻尾切って夫婦共々真っ黒なまま逃げまくる卑怯者。
どっち潔く信用に足るか?

火を見るより明らか

今度は同じ私人でも元公人
それも文科省のトップで最高責任者。

怪しい人間ではありませんよ。
この人が怪しいなら任命した内閣総理大臣や内閣人事局が怪しいことになるんで
悪しからず。


特例獣フレンズ
そんな内閣人事局が任命した文科省トップが歪められた断言する。
岩盤規制打破ドリルで規制改革なんてのも
高い壁はそのままに需要のある大学はブロック
需要ゼロな自分らのお友達だけへ
ご意向の特例ドリルで梯子かけて認可する露骨極まる公私混同な利益誘導。
悪巧み
まさに獣フレンズな悪巧み。
恋恋
このモラルハザード野郎共はそれだけでなく、あろうことか
自分らの黒い政権の手先の黒い新聞すら使って
潔く責任とって辞めた人間に対し人格攻撃

自分らは責任をとるどころか
記録は黒塗りで証人喚問すら拒否する真っ黒で逃げまくって
地位へ必死にしがみつく卑怯者なのにね。

この汚名を晴らしたくば、
今すぐ証人喚問に応じ
森友から加計学園まで
潔白である記録を提示することです。


まあ、無理でしょうな。
何しろ国民も含めて自浄作用がゼロで真っ黒なんですから、
せいぜい2020年まで醜く恋恋としがみつくことです。

もう、自由と平和と民主主義と公正さを守護する正義の狼は上がりました。
こっちも聖火のようにじっくりとリレーしながらジワジワと炙っていきますからね。

黒くて醜く洗えない首を洗わず覚悟をきめておくことです。
小さい利己にしがみつき無反省で無自覚な国民共々ね。


スポンサーサイト

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

国家より国民が先にある

 【25//2017】

こんな当たり前のことも理解できない国民と政権が暴走してるのです。
学校、いや、大学まで言ってジョン・ロックの社会契約論から連なる近代的な立憲主義。
それすら理解できてない、いや、してても気に入らんと
否定してる連中が封建的な時代へ再び回帰しようとしてるのです。

憲法にも2種類あって
封建的な絶対主義国家にある憲法と
自然権と呼ばれる人類固有の基本的人権を素にした立憲主義による憲法。

日本人は意外なほどコレが理解できていません。
何故か?

自然権を発見し確保するべく全員の合意(社会契約)で国を作ったと欧米と違い
絶対君主によって作られた国家での絶対服従の経験が長く
近代的な立憲主義による戦後民主主義は例外も例外で、それも自発的でなく敗戦によるもの。

社会契約じゃ、自然権を侵害する政府に対しては抵抗も革命も正当化されます。
日本人にはこの国家から労働まで「契約」という概念が未だに抜けて骨身に染みてないから
権力者がやりたい放題できる土壌が未だにできているのです。

その人類が固有に持つ自然権、つまり基本的人権を担保するのが
立憲主義であり、憲法を頂点に各種法律や三権分立によって運営される国家や社会。

それを世界で最初に実践したのがヴァージニア憲法(権利章典も含む)

その条文を読めば憲法やそれに伴う国家は権力者でなく
国民の自然権を担保するために存在するのが理解できるはずです。

CIMG5299.jpg
それが理解できるなら、こんな権力者や財界だけ除外して
本来なら最優先で担保されるべき国民の権利を侵害する法案なんか到底提出できるはずもなく
この法案こそが、まさに立憲主義や基本的人権を軽んじ蔑ろにする何よりの証拠。

そもそも政府が共謀罪で錦の御旗にする国際条約は
権力や資金力のある政治家や財界と組織犯罪集団の共謀対策。
つまりマフィアと政官財が癒着するのを防止するのが趣旨の国際条約を
テロ対策や五輪を餌にして恣意的なミスリードをしているのです。
その上
あろうことか条約のコアである政官財の犯罪行為は除外するという
実に国民やその基本的人権を完全に踏みにじり自分らの保身のみ図る卑劣極まる行為。

だから国連からもダメ出し食らうわけで、当然も当然です。

テロ対策なんぞ現行法の改正でも十二分にできますし
そもそもテロ対策したからといって英国の例を見るまでもなく
テロを未然に防ぐのは今の時代。相当に困難。

それより何より、日本はテロ対策以前に最高に治安が良いのです。

与党はヴァージニア権利章典の10条、12条を今こそ読むべきですね。
日本国憲法第99条で何故主権者たる”国民”が除外さてるのかも。
読んで理解できるとは思えませんが・・・・。

そんな状況で、今や国際条約やテロ対策という錦の御旗も失い
国民へマトモに説明もできず国連へもマトモに反論できない
立法する根拠も完全に失ったこんな法案。
権力者だけ保護して国民の表現や活動の自由を弾圧する戦後
最低、最悪の法案なのです。

今すぐ廃案にすべきロクでもない法案ですが
ロクでもない公私混同権力者が人権を理解できない国民を利用しやりたい放題。

何度も何度も言うように、期待はしないほうが良いでしょうな。
そんなことより今は
国民より国家が先にあると思ってるような連中から自己防衛を図ることです。

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

俺は自由か?

 【22//2017】

こんな戦前回帰な大逆流時代だからこそ
th_CIMG5260.jpg
権力や国民の暴走に巻き込まれる前に
熟読、熟考しながら民主主義の基盤を今こそ再確認しましょう。
新聞からネットからテレビまで右向け右
大政翼賛なメディアへかまけてる暇はありません。

自分で考えるのを止めた瞬間、自由は止まります。


俺は自由か?
今こそ自問自答するのを推奨します。

熟読、熟考したら、右向け左!

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

全肯定か全否定かの時代だからこそ愚直に

 【20//2017】

建前上は民主主義のこの国には公平な議論などというものは存在しません。
代わりに存在するのは、政権側の強行や強弁。
それに安い利害で首根っこを押さえられた大衆が従属するという構図。
大衆だけでなく、三権分立で独立するはずの権力構造も体制従属。

米国や韓国にはかろうじで、公論や自浄作用なんてものが存在してますが
この国の民意なんてのは、安倍首相バンザイな全肯定か
アベ政治許さない!の全否定
それに見事分断され、増々もって前者の権力側が増長してる次第。

強弁のほうがネット世論工作などへもシンプルで親和性が高いですからね(笑)

それに餌となる人が減り頭数だけ増えた安い労働力や公金で増やした株価
それで現代の財閥ともいえる大企業や御用マスコミなどを優遇さえしとけば、
どんなに腐敗しようが権力基盤は安泰。
(その大企業すら腐敗して決算すら出さず開き直ってんですから呆れます)

強行。
なんで、仮にも民主主義国家なのに
こんな強行劇が日常的になるのです。

スクリーンショット 2017-05口論
昨日の朝日新聞のオピニオン欄にご覧のようなテーマで
実に救い難き上記のような現状を分析し解決策を模索してるんで読める人は必読ですよ。

そう、オルタナティヴ・ファクトな今や権力者の詭弁でなく
シンプルな強弁(誰かさんは意味不明に冗長な強弁ですが)によって民意は分断。
詭弁は詭弁なりに、本当かも?と思わせるロジックがあり
それなりに知性が要求されるのですがダラダラ
現状はコレ(笑)

まさにこれこそ詭弁にもならない強弁による印象操作で
NHKや産経読売などの大手御用メディアやネット配信などでは
この強弁部分のみをコラージュするので、元々論理的な思考ができない大衆には効果的なわけです。

だから「泣く子と地頭には勝てない」「無理が通れば道理が引っ込む」
という格言が昔からあるわけで
まあ、トランプなども上記の手法ですな(笑)

このまま、戦前回帰な大衆煽動な分断工作が続くと米国や韓国と違い
国民性や民主主義の構造的に遥かに体制へ従属的なので
あっという間に北朝鮮に近い全体主義ディストピアが完成するでしょう。

何しろ自分の暮らしが貧しくなろうが、というか、なればなるほどムキになって体制へ従属。
果ては正規軍から国民まで国家ぐるみで自爆する程に暴走するのですから
支持率なんか意固地に上がりはしても、この国民性ではそうそう下がらんでしょう(笑)

その戦前回帰の媒体が国威発揚五輪であり、北朝鮮や中国などのマッチポンプな敵であり
それにかこつける改憲であり共謀罪であり、天皇制や靖国神社などの国家神道の残骸。

そんなわけで、増々肩身が狭い我々、自由や民主主義や各種基本的人権を標榜する非国民。
h1-1-1-01.jpg
これだけ従属的で大人しい国民性で、実際に治安も過去最高レベルで良いのに
なんでテロ対策のために新たな法案が必要なのか?
アベ政治許さない!と公言してる我ら非国民なんぞ大して監視する必要はないですが
安倍首相バンザイ!な自称一般人。
そんな連中に紛れた危険分子こそ監視する必要があるのですが
彼らは自分は例外と思い込みにはそこまで考えが及びません。

特高警察や赤紙なディストピアは想定外にやってくるのです。
誰よりも信じて実践した籠池前理事長のようにね。

まあ、こういうのはあの戦争のように言うより
実感させるのが手っ取り早いので
とっくに想定済みな我らは愚直に現状を訴えながら、全肯定か全否定しかない分断時代を
極論に流されず自分の頭で考え、価値判断し自己防衛しサバイバルするだけです。

政治経済、長い目で見た彼らの破綻は最初から保障されているのですから。

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

今こそ分担

 【19//2017】

森友だの加計学園だの
スクリーンショット 2017-05-19 79098
スクリーンショット 2017-04-05 1098989004
お友達による公私混同で愛国カルトと教育が絡んだ悪巧みは
アッキードも巻き込んで真っ黒なのは報道の通りで言わずもがな。

この2月から森友の朝日新聞によるスクープ以来、
彼らが口だけで否定(合法な寄付まで否定する爆笑モノ)し火消しを図ってたきたのは
振り込み用紙から文書から録音データから合法寄付まで

全部本物(嘘だというならオッチャンをさっさと偽証で起訴せよ)でしたし、
今も記録も記憶も有耶無耶なまま、卑劣に逃げに逃げまくっています。

そんな安倍一強な狂った事態の中
野党は支持率も分散して攻め手に欠いてるように言うメディアもありますがね。

それでいいんですよ。
だってこの状況で集中して攻撃しても、逆に集中して反撃食らうだけですし
この安倍政権における政治腐敗の背景は国民性も含めた構造や民族性の問題。

これは法的云々よりお友達へ迂回し利益誘導する
合法的なモラルハザードな問題なのですから
(無論、真相が解明されれば巧妙な贈収賄が成立する可能性が大ですがね)

その問題に気付いて修正できてるなら、そもそも
こんなモラルも自浄作用も無き救い難き開き直り状況にはなってません。

だから個人的には野党は支持率も考えず、森友から獣フレンズまで
良い感じに問題を分散し、各党それぞれ役割分担して追求攻撃しててエエ感じ。

こんな小物も小物な安倍の首を取るとか、そういう甘い問題ではないのです。

明治以後の日本人の救い難き体質改善。
その民主主義を真の意味で身に付けるプロセスには壮大な生贄が必要で
それは今度も支持や規模が大きければ大きいほど体感度は高くなります。

あの一億総〇〇な大日本帝国と玉音放送のようにね。

なので、これだけ権力へ執着する与党や思想無くその利害に執着する国民がいる以上、
解散選挙なんかしても結果は同じ
スクリーンショット 2017-05-14 めちゃくちゃ
科学的に完全にあり得ない腐敗を証明できる動かぬ証拠は
浪速の墓穴の地下にあります。

もう野党は政局なんぞ気にせず
伸び伸びと戦線を延ばして共同し言説をとりながら
外堀りを埋める分散攻撃をじっくりとやるべきでしょうね。

そすれば1強の相手と違い各個撃破されても次から次と包囲網を敷けます。

そんなわけで、この長期戦は本当に長いですよ(笑)
何しろ敵が国策イベントまで執着する気まんまんなんですから


Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

フリーエリア