音楽・カルチャーの記事 (1/62)

33年ぶりのカムアロング3

暦はいよいよ8月になり夏真っ盛りですが、
今日は山下達郎のカムアロングの3が33年ぶりに復活リリース!
山下達郎“隠れ名盤”シリーズ、33年ぶり新作
『COME ALONG3』

山下達郎氏の正式なアルバムでないプロモーション用の非公認な企画盤のコレ
鈴木英人氏のイラストジャケットに小林克也氏のいDJがエエ感じで、昔から愛聴に愛聴を重ねており
親父形見な2はLP自分で、後追いで買った1はCDで持ってて、夏になると個人的な定番。
そんな企画アルバムが33年ぶりに復活。
th_CIMG6773.jpgth_CIMG6774.jpgこの南の島でも買いましたよ〜発売日にポンコツ転がし実店舗でね。
実店舗だと駐車場で開封して即聴けるのが良いですな。
当然、車でも聴いてもゴキゲンです。

以前2枚のオープニングと違い、小林克也氏のDJに若干のフックが入ってるんで
その辺もお楽しみです。
th_CIMG6778.jpgth_CIMG60989781.jpg
家で聴いても最高、最高。
相変わらず夏をフューチャーした選曲は良いですし、公認?になったんで音質も言うことは無し。
無論、小林克也氏のDJも以前より遥かに味わいが増しています。
th_CIMG6790.jpg
鈴木英人氏のイラストレーベルのカセットテープに録ったりしたら
気分は80年代のあの平和で豊だった夏へタイムスリップ!

th_CIMG6794.jpg
この隠れた名盤企画は非公認なんで御大のような拘る人には
音質に若干難のあった(個人的にはそれも含めて味があって良し)んですが
今回はその過去盤も同時にリマスター再発されてるんで
未体験者はそれも併せて買うとお得ですよ。(回し者ではありません)

そんなわけで、
この夏は33年ぶりに山下達郎サウンドと小林克也氏のDJコラボにとことん浸れそうです。

スポンサーサイト

async

th_CIMG6151.jpg
何かと時代が急変し、この南の島の野良犬一匹すら平穏に暮らせない事態ですが
教授こと坂本龍一氏の8年ぶりの新譜を頻繁に聴いています。

特にNHK−FMのクラシック番組が終わった後の夜の時間帯に
th_CIMG6158.jpg
普通のポピュラー作品やジャズやクラシックとも違い
その8年間熟成したコンセプトも含め、気軽に聴く類の音楽ではなくth_CIMG6160.jpg
本当の意味で腰を据えじっくり聴く作品なんで、今やバックナンバーとなってますが
音楽専門誌やこの美術手帖などのインタビュー記事を併せて読むと、更に深く楽しめますよ。th_CIMG6163.jpg
”非同期”と銘打ったこの作品。
教授なりのアプローチで”音楽”をより高次元で再定義した作品でして
「聴く」ことを主眼においてます。

確かに作り手や弾き手や歌い手の独りよがりな部分も大きいですからね音楽というのは。

そういう意味で、この作品は楽器の音だけでなく環境ノイズすらも
聞き手が主体となり主観で楽しめれば「音楽」として成立し得る。
というジョン・ケージ的な境地へ教授なりのアプローチで到達してる作品でしてth_CIMG6161.jpg
全てが手に届く範囲にある小さいミニマルなスタジオで作り込まれたこの作品。
聴く度に解るんですが、散漫がちだった精神が嫌でもソリッドに集約され
音へ集中される感覚が味わえる孤高とも呼べる作品。

それでいて、M、つまりミュージックな部分は破綻させずに
絶妙なバランスで成立するよう作り込まれてるのは流石の一言。
th_CIMG6167.jpg
自分も似たような環境(ただの貧乏な狭いド庶民の部屋ですが)なんで
ステレオに混ざる窓越しのノイズやらが非同期性と同期し、増々感覚が鋭敏化するわけで
そのヤバイ中毒性は個人的にフリージャズ以上ですな。

広くリッチなリスニング部屋でなく狭い茶室的な空間で
感覚を鋭くし、文字通り「音」を茶の如く精神的に嗜む。

そんな聴き手主体のアルバムでして、まさに音だけでなく精神的な領域における
原点回帰な”和”のテイストも感じられますが、無論それは教授いわく
一通り西洋も含めた音楽全般を踏まえ、”和”へのクリティシズムも経た上でのアプローチ。

ミニマルから壮大なオーケストレーション全てを経た教授だからこそ、
音楽を突き詰めていけば精進料理的なアプローチになるのは必然的だと思いますし
だからと言って、作品んp音空間や響きがデッドで狭いかというと、さにあらず
むしろ精神が音に対してソリッドになる分、心眼的には広大に拡がるんですな〜ここら辺も流石。

そんな教授だからこその作品。
th_CIMG6165.jpg
特に美術手帖の特集では、音楽に限定せず教授の過去の作品や芸術的アプローチの総括や
影響を与えたアーティストや作品なども詳しく網羅してるんで読み応え十二分。

そんなわけで、こんな音楽が細分化されインスタントな時代だからこそ
本当の意味でじっくり腰を据え、”音”を”楽しめる”教授の作品は貴重で素晴らしいものがあります。

照明を暗くして雨音なんかと共に聴くと味わい深いですよ。

そうそう教授はもう「音楽」であることすらどうでもいい。
とすら言ってますからね。
個人的には別なベクトルですが、大いに同感しています。

RANCID 新譜

野良で単身や数少ない野良仲間と連携し
全力で逆回転中の時代へ抗うべくPUNKな活動中のワタクシ。

RANCID1.png
そんな腐りまくった時代へ孤独な闘いを挑む背中を押してれそうな新譜を
表向き聖人中身腐った政治家より
見た目とは裏腹にドがつくストレートな大御所が今月9日にリリース



チェインスモーカーズな時代へ逆行するような、そのサウンドは相変わらず最高。
風貌も含め貫禄を増しております。
RANCID2.png
無論タイトル通りなトラブル発生機の野良犬はLPで予約しましたよ。


コレ、
コレ、
どんなに歳を重ねようが、媚びないこのアチチュード。

爽やかさなんぞ一欠片もないですが
単身腐りまくった時代へ闘いを挑む闘争の糧として
末永く愛聴できそうな作品の予感がプンプン。

我ながら野良犬の鼻は利きますからね。
野に入り集中しながら、実に楽しみです。

朝はまったりヨーロピアン感

最近朝に稼業やらの合間に狭い仕事兼書斎兼怠け部屋の穴蔵で
よく聴いてるのがヨーロピアン感のある女性ボーカルのLP
th_CIMG5118.jpg
親父形見も混じる大貫妙子のヨーロピアン三部作は個人的に朝の定番になってまして
坂本龍一ら豪華なメンツが参加してるこの三部作
th_CIMG5116.jpg
所々テクノなフレーバーも漂わしたり独特なヨーロピアン風サウンドになってて
3部作全て良いので甲乙付けがたいですね。

んで、最近よく聴いてるのが
th_CIMG5114.jpg
この親父形見のナナ・ムスクーリ。
ガキの時には聴く気にならなかったんですが、このエーゲ海のミューズ
ええですな〜
th_CIMG5115.jpg
このLPはそんなエーゲ海のミューズが世界の名曲を旅するという
コンセプトになっておりまして、世界の名曲もナナ・ムスクーリが歌うと
どことなくエーゲ海感が出るのが不思議。その独特な癒やし効果が半端ないっす。
th_IMG_5674.jpg

そんなわけで、ただでさえ忙しない時代。
風邪で若干グロッキーな今なんか、この辺のLPを熱いレモンティー飲みながら聴くと
朝のひとときを超リラックスできて助かっています。

久々にLPで聴く00年代初頭オルタナ

巷はGWですが、行楽客トラップは確実なんで狭い穴蔵でLP。
一昨年末から再開したアナログレコード。
親父形見や小学生〜高校時代まで買った個人的なコレクションが主ですが
プレーヤーは親父形見などがあったんで、
それ以降も特別に好きなアーティストが出すLPなどはちょくちょく買ってました。
th_CIMG4821.jpg
その中にやっぱりこの辺の90年代後半から00年代初頭の
邦楽オルタナティブがあります。

最も好きなバンドであるeastern youthのこのアルバムはスペシャル。
この頃は完全にCD全盛でLPは滅多に出てなかったような時代。
th_CIMG4835.jpg
無論CDも買ってますが、この頃のeastern youthはメジャーでも勢い?があって
このアルバムもスペシャルにLPで買ってミニコンポに繋いだ親父形見でたまに聴いてた次第。

th_CIMG4834.jpg
坂本商店時代の帯には懐かしい知的オルタナティブバンド
ファウルの名もあったりして感慨もひとしお。
th_CIMG4818.jpg
やっぱりLPで聴くと爆音侍も味わいが違います。
まあ、他人にはノイズにしか聴こえないかもしれませんが。
同じ痛み?を知ると沁みるんですな〜コレが
th_CIMG4828.jpg
数こそ少ないですが、この当時は他にも色々と邦楽のオルタナティブをLPで買ってまして
th_CIMG4830.jpgth_CIMG4831.jpg
このミクスチャーなスケボーキングなんかも、今聴くと色々と新たな発見があります。
ラップの入るジャンルというか電子音楽的なのはあまり聴かないのですが
この辺はバンド的?でスクラッチやトラック作り等、アンサンブルもバランスが絶妙。
このアルバムはカバー曲とか入ってて、メジャーでもそこそこ売れた記憶があります。

なんかこの頃で邦楽のラップやヒップホップ的なサウンドはエエ感じに完成されてた感。
th_IMG_5264.jpgth_IMG_5267.jpg
そんなわけで、青春を過ごした爆音LPサウンド
潜水艦にある艦長室のような狭い仕事場兼暇潰し部屋ですが、
ソファでだらけながら聴く味わいや格別であります。